私が整体師になったワケ その4

「自分の手で、人の辛さを改善できるような仕事をしたい!」

と思ってはみたものの・・・




当時30歳を超えていたこともあり、

年齢的なこと、これからそれを始めるのにかかる年数や金銭的なこと、

結婚のこと、将来子供ができたときのこと・・・

などなどを考えに考えました。




そして何よりも・・・





「本当にそのことがやりたいのか?」

それとも

「ただ単に、今の辛い状況から逃げ出したいだけなんじゃないのか?」





をずっとずっと、何日も何日も、何度も何度も、自問自答しました。




しかし、いつも出てくる答えは同じ。




「逃げではなく、本当にやりたいことなんだ!」
「棺おけに入る時に後悔するような生き方だけは絶対にしたくない!」




自分のやりたいことが明確になってしまっては、

もはやその思いを抑えきることができず、




ついに・・・





「大学を辞めよう。」





と一大決心したのです。





でも・・・




ここからが大変でした・・・





次回の「私が整体師になったワケ その5」をお楽しみに。

コメントは受け付けていません。