私が整体師になったワケ その3

気功を受けるのは初めてだったので、

「どんな感じなんだろう?」

とちょっとワクワクもしていました。





ですが、実際気功を受けてみても、正直よくわからなかったです・・・





もっと何かを感じるのかな?と思ったのですが、

感覚が鋭くないせいか、残念ながらよくわからなかったんです・・・





しかし、

「酢の物嫌いでしょ?」

とか

「ものすごく疲れてるね」

とか

「若いのに免疫力がまったくないぐらいスカスカだね」

とか・・・





体に触れながら、何も言っていないのに色々なことをズバズバと言い当てられ、

「何なんだこの人は?!」

とものすごく興味を惹かれました。





この時の衝撃は今でも忘れられないぐらいのものでした。





そしてこの方とのこの出会いが、

私が整体の道を歩もうと思ったきっかけになったのです。





「痛みの研究をしているけど、本当にこれが人の役に立っているのだろうか?・・・」

「母親がリウマチの痛みで苦しんでいるのに、

痛みの研究をしている自分は何もしてあげられない・・・」

「学生に囲まれて、学生に気を遣ってもらって生活しているけど、

これで本当に自分は成長できているのだろうか?・・・」

などなど・・・





この時はちょうどこれからの人生について悩んでいた時でもありました。





そして、やがてその気持ちが





「自分の手で人の痛みや辛さを改善することができたら・・・」

「もっと患者さんに近いところで仕事をしてみたい・・・」

「自分と同じように苦しんだ人の役に立ちたい・・・」





とその思いが日増しに強くなっていってしまったのです・・・





それは頭の中で何かが弾けたぐらいの、ものすごく大きな「ビッグバン」でした。





しかし・・・





次回の「私が整体師になったワケ その4」をお楽しみに。

コメントは受け付けていません。