私が整体師になったワケ その8

今回は私が整体師になろうというきっかけを作ってくださった、
最初の師匠についてお話ししたいと思います。


この師匠は気功師です。


でも普段は居酒屋のマスターです。


今の整体の師匠も、昔はラウンジをやりながら整体師として活動
していたので、何だか不思議な縁を感じますね。


普段は神保町にある居酒屋のマスターとして働き、
土日は自宅や知り合いの家で気功の治療をしていました。


しかも無料で・・・


無料でやるのは、
「そこにお金が絡むと欲が出て気の力が落ちるから」
とのことで一切お金は取らないのです。


特に看板を出しているわけでもなく、ホームページを持っている
わけでもなく、これといった宣伝もしていないのに、全国各地から
噂を聞きつけて皆さんがやってくるのです。


また、居酒屋にもその話しを聞きつけて、
「ちょっと診てもらいたい」
という人たちが大勢来るそうです。


あるいは「ちょっと肝臓が悪いから酒を飲みすぎるなよ」
などの声をかけて歩くんだそうです。


居酒屋なのに・・・


しかもその腕は本物です。


たとえば、その人の体を触っていくとどこかで気の流れが悪くなる
ところがあり、そこが不調なところだとわかるそうです。


ここまでは他の気功師の方でもわかるところなのですが、驚くべき事に、
この師匠は血液検査や血圧の数値までほぼピタリと当ててしまいます。


これはご自身からではなく、当てられた本人から聞いたので間違いあり
ません。


またそういったことが映像として頭の中で見れるらしく、
「ある脳腫瘍の患者さんの腫瘍部位までピタリと当てた」
との実話があります。


脳腫瘍がある、ないということだけではなく、
「脳のどの辺の、どのくらいのところに、どのくらいの大きさの腫瘍がある」
と言うことが頭の中にイメージとして浮かぶというのです。


これは私の両親の知人にあたる方のお話なので、
これも本当の話しです。


もちろん、その後、脳腫瘍は気功で小さくして治してしまったようなの
ですが・・・


そのため主治医も首をかしげるばかり。


そりゃあそうですよね、この前まであった腫瘍が段々小さくなって、
しまいにはなくなっていくんですから。


さらに、私自身も目撃した事実があります。


私がめまいで体調が悪くなったときに診てもらった、というお話しは
すでにしましたが、私の母親も一緒に診てもらっていたのです。


私の母親はリウマチで、当時私が体調悪かったときは、母親もリウマチの
状態が悪く、車椅子で生活するような状態でした。


私が気功の師匠のところに治療に行くときは、私が車椅子を押して行って
いたのですが、治療を受けると、何と!


自分の足で歩いて部屋から戻ってくるのです。


そんな姿を目の当たりにしてしまったら、気功を信じるとか信じないとか
の問題ではありません。


皆さん、わかりますか?
さっきまで歩けなかった人が歩けるようになる姿を目撃する、この衝撃!
しかも、自分の親が。


「何なんだ?!この世界は????」


この衝撃を受けて、私が
「自分の手で人の痛みや辛さを改善する仕事をしたい!」
と思う気持ちも少しはわかっていただけるでしょうか?


それとも、少し飛躍しすぎているでしょうか・・・


次回の「私が整体師になったワケ その9」をお楽しみに。

後日談
************************************
ちょうど同じ時期に、私の父の肝機能の数値が
異常に高くなったことがありました。


心配だったので、気功の師匠に診てもらったところ、
「がんではないような感じです。胆管がちょっと汚れている感じなんですよね。」
「映像的にはがんではないと思います。」
との答えが。


一同、ホッと胸を撫で下ろし、その後特に問題もなく、
肝機能の数値も一過性に高くなっただけのようでした。
原因はよくわからないのですが。


その後、数年経ったある日の夜、父が急にお腹が痛いと七転八倒して
急遽、救急入院することになったことがありました。


検査してみたら、何と!
その時に師匠に言われた通り、エコーなどの検査結果で
「胆管に結石があって胆道がつまっていて炎症が起きている」
との診断結果が!


しかも、かなり見えづらいところに結石があるようで、
前回の検査では見つけられなかった様子。


「あの時に「胆管が汚れている」と言っていたのはこのことだったのか」
と、父も私もその時はもう驚きしかありませんでした。


本当にすごい方でした。
**************************************

コメントは受け付けていません。