首が大事なワケ

当院では、「首のズレが痛み、辛さの元凶」という考えの基、
首(頚椎)の矯正をしています。

写真-19

では、なぜ首が大事なのでしょうか?


①首の骨がズレて頭が傾く
たとえば、何らかの原因で右側の首が横にズレたとします。


そうすると、頭が左に倒れる形になるので、顔が自然と左に
傾いてしまいます。


しかし、このままでは顔が左に傾いてしまって、まっすぐ歩
こうと思っても歩きづらい状態になります。
1頭が傾く


②バランスを取ろうとして背骨がズレる
そこで、顔がまっすぐになるように、無意識のうちに右肩を
下げ、右側の背骨を曲げて、対応しようとします。


しかし、これで顔はまっすぐになりますが、背骨を曲げてし
まった分、今度は腰に負担がきてしまうことになります。
2バランスをとる


③さらにそのバランスを取ろうとして骨盤がズレる
そこで、今度は腰をひねってそれに対応しようとします。

その結果、骨盤が傾き、左足に体重が乗りやすくなり、左の
股関節やヒザ、足首にも影響が出やすくなります。
3骨盤ずれる


このように、重力は上から下にかかるため、

重力を最初に受け止める首がズレると
       ↓
そのズレとは反対方向に上半身がねじれ
       ↓
さらに身体はバランスを取るために、それとは反対方向に下
半身がねじれる・・・

という現象が生じます。

歪みは、重力に従って上 (首) から下 (骨盤) に向かって落ちていきます。 このような首のズレに基因したカラダのズレが不調の元凶です。
この状態で日々生活をしていると体の様々なところに負担がかか
り、やがて痛みや辛さが引き起こされてしまいます。


また、その痛みや辛さをかばった動きをするため、今度は何とも
なかった反対側も痛くなる、といった悪循環が生じてしまいます。


こうした身体のバランスの崩れやねじれに加えて、ズレた骨が神
経や血管を圧迫するため、筋肉が硬くなり、コリが生じます。


また、ズレた骨が神経に直接触れると、ピキッとするような鋭い
痛みやしびれが生じます。


こうして痛みや辛さが引き起こされるのです。


そのため、矯正だけでは効果は十分ではないですし、矯正せずに
筋肉を緩めるだけでは効果が得にくいです。


十分な効果を得るには、
骨を戻した後に、硬くなった筋肉や神経の張りを緩めるという作業が
必要
になるのです。


当院では、骨のズレを取ったあと、それによって硬くなった筋肉や神経
の張りを同時に取り除いていく手法で施術します。



お困りのことがございましたら、まずは一報、ご連絡ください。


*上記の例は右首が横にズレた時の一例です。ズレる方向やズレ方によって身体の
傾き方や症状の出方は変わります。

当院の頚椎矯正のやり方についてはコチラ→「当院の頚椎矯正のやり方」