朝起きた時の「手指の強張り」は「首のズレ」が原因かもしれません

最近、急激に寒くなって来ましたが、こういう時期になると特に訴えが多くなるのが「手指の強張り」です。

2e060b23699faa4b4bcfda519c6665aa_s


中高年の女性によく見られるため、皆さん「リウマチではないか?!」ととても心配になって病院に行かれるようですが、血液検査で「リウマチではない」と診断されてホッとされるようです。


リウマチの場合、特徴的な症状は

・朝に関節の強張りがある
・手指の場合、「第二」関節が腫れる、痛む
・手首や膝などの関節が腫れる、痛む
・片側ではなく両側に現れる

というものです。


もし、朝起きた時に手指に強張りがある場合は、まずは上記の項目に当てはまるかどうかが一つの目安となりますので、ご参考にしてください。


さて、中高年の女性によく見られる「朝の手指の強張り」ですが、それには「首のズレ」が関係しているかもしれません。

神経圧迫


と言いますのも、首からは手指に行く神経が直接出ているため、大元の首の部分にズレがあるとその神経や血管を圧迫することになり、神経からの連絡や血液の流れが遮られてしまいます。

%e9%a6%96%e3%81%8b%e3%82%89%e6%89%8b%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%a5%9e%e7%b5%8c
*図の右腕に走る「黄色の線」が神経です


そのため、手指に神経からの命令や連絡がうまく伝わらなかったり、血液が十分に行き渡らなかったりしてしまうことで強張りが生じると考えられます。


実際に、私の経験上ですが、手指の強張りがある方はほぼ100%と言っていいくらい、首の状態は悪いです。


そして、首のズレを矯正していくと次第に手指の強張りが弱まり、気づくと「あ、そう言えば最近、朝起きた時に手指の強張りをあまり感じなくなった」という感想を述べられる方が多いです。


従って、朝手指の強張りがあるにも関わらず、血液検査でリウマチではないと診断されて原因がわからない場合は、「首のズレ」を疑ってもいいかもしれません。


と、ここで一つ疑問が生じます。


首が悪いのは何も女性に限定された話ではありません。


また、若い女性でも首が悪い人はたくさんいます。


それにも関わらず、中高年の女性に手指の強張りが見られると言うのは、本当に首のズレだけなのでしょうか?


そこには恐らく、「女性ホルモン」も大きく関与しているのではないかと想像できます。


女性ホルモンも朝の手指の強張りに関係する?

女性ホルモンには「エストロゲン」というものと「プロゲステロン」というものの2種類が存在しますが、このうち、エストロゲンが加齢と共に減少すると手指の強張りが生じやすいことが疑われています。


特に閉経後は、エストロゲンもプロゲステロンも減少しますので、「朝の手指の強張り」や「バネ指」ような症状が出やすいです。

image06
(更年期障害の症状と治療とケアHPより引用)


エストロゲンを補給する食べ物では、大豆イソフラボンを有する大豆食品(大豆、豆腐、納豆、豆乳、厚揚げなど)が有名ですが、これらを毎日適正量摂取し続けるのは現実的に難しいです。

40f8970f6d4d71678b9f13c00265354d_s
347a890794828bc9f97cc414206ef344_s


その場合には、大豆イソフラボンのサプリメントを服用するのも一手かもしれません。

about_img_01

こちらのサプリメントの摂取で朝の手指の強張りが治ったという女医さんのお話もあります。
*女医さんのお話はコチラ


エストロゲンが朝の手指の強張りに関係しているのであれば、「中高年の女性に多い症状」というのもうなずけますよね。
(中高年の女性に多く見られるバネ指も、恐らく女性ホルモンの減少と関係があると思います。)


首のズレが原因なのか、はたまたエストロゲンが減少したことが原因なのか、あるいはそれ以外が原因なのか、人それぞれ症状の程度や状態が異なるので一概には言えませんが、こうしたことも頭の片隅に置いていただき、ご自分に合った方法で治療されるといいのではないかと思います。


今回のブログが、朝の手指の強張りでお悩みの方の一助にでもなれば幸いです。


コメントを残す

腱鞘炎

手や腕をよく動かす人によく見られる腱鞘炎。皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。


さて、その腱鞘炎とはどういうものでしょうか?

687c58410668512992e79c6183c291b4_s


関節は自分一人で動くことはできないので、関節に付着している筋肉によって動かされます。


その筋肉の力を手足の先端に伝える紐状の組織を「腱」といいます(代表的なのはアキレス腱です)。


ですので、腱は関節があるところには全て存在する、ということになります。


あまりイメージは付きにくいかもしれませんが、指の関節にも存在します。


この腱は、腱の浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っていて、この腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎といいます。


手首の腱鞘炎が有名な患部ですが、指にも肘にも起こります。


腱鞘炎になる原因の一つは筋肉の使いすぎです。


筋肉は動かすと疲労物質である「乳酸」が生成されます。


筋肉痛の原因物質でもあるこの乳酸が溜まると、筋繊維が動きにくくなり、筋肉は硬くなります。


硬くなった筋肉を動かそうとすると、余計な負荷がかかるため、筋肉だけではなく、腱にも負荷がかかり、腱鞘炎になりやすくなる、ということです。


そのため、ワセリンやクリームを使用して腱鞘炎になってしまった患部の周囲の筋肉の乳酸を除去するケアをしていきます。

乳酸取り1_5942

それによって柔軟性を取り戻した筋肉は通常の働きができるようになるので、腱鞘炎も緩和されることになります。


一方、関節がズレていると腱鞘炎が起こりやすくなります。


イメージとしては、関節がズレることによって筋肉が通常の動きではない方向に引っ張られてしまうので、通常とは違う動きを強いられることになり、そのために腱もその方向へ引っ張られるので腱鞘との間に「擦れ」が起きやすくなり、腱鞘炎になるということです。


そのため、関節のズレが原因であれば、まずは関節のズレを戻して筋肉が通常の動きができる状態にしてあげることが大事になります。


その後は、腱鞘炎部位の炎症を抑えるために、患部の腱を「緩める」というイメージでケアしていきます。


腱鞘炎の場合は、「炎症」という反応が生じて起きている症状ですので、一度で改善されるというよりは、何度かに亘ってケアしていく必要性がある症状です。


多くの方が仕事や趣味、家事など、休息を取ることが難しい状況下ですので、ケアした後にまた使ってみて「こういう動きをするとまだ痛い」とか「この動きはよくなったけど、今度はこういう動きが痛い」とか、実際に使ってみた時の感想を元に再度ケアしていく流れになります。


腱鞘炎でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。


コメントを残す

バネ指のその後

先日、バネ指の患者さんが来られた時のことについてこのブログでご紹介させていただきました。


今回はその一週間後の続きのお話しになります。


一週間経ちましたが、先日よりはだいぶ動かせるようになっていました。まだ痛みはあるとのことでしたが。
IMG_0956


画像を見ていただいてもわかる通り、完全ではないものの握れるようになり、戻す時も「バネ」にならないでいられるようになりました。ただ、真っすぐに伸ばす時にまだあまり伸びません。


そこで、指を動かしてもらい、動きが悪いところ、痛みが出るところを確認し、その部分に手を入れて行きました。通常、ワセリンを使って摩擦が起きないようにしながら、硬くなっている靭帯を緩めていきます。


今回はバネ指になっている左手中指の付け根のところに痛みが出ていたため、そこを中心に中指の第二関節、第一関節の掌側と甲側、側面の靭帯を緩めていきました。


そして、その結果がこちらです。
IMG_0957


最初よりは曲げることができるようになり、伸ばしても真っすぐ伸びるようになりました。何度か握ってもらいましたが、数回であればグッと握っても「バネ」にはならなくなりました。


ただ、最後のシーンにもありましたが、何度もグッと握っていると最後はまだ「バネ」になってしまいます。


しかし、握る時に痛みがあまり出ていなかったのと、前回よりも短い施術時間でこれくらいまでになったので、これでまた一週間くらい様子を見ていただき、次回ご来院された時に握った時の痛みが少なくなっているようであれば、かなりゴールは近いです。


このように、治療して、しばらく普段の生活をしていただき、また治療して、というのを何度か繰り返していくと、だんだん握っても痛くもなく、「バネ」にもならなくなります。


このようなやり方でバネ指の治療をしていますので、バネ指でお困りの方はぜひ一度お気軽にご相談ください。


コメントを残す