スマホ首、ゲーム首にご注意を!

先日、小学校4年生くらいの男の子がゲームに夢中になり、真下を見るように首を折り曲げてゲームをしている光景を見ました。




いかにも「ああ、首を痛めるだろうな・・・」という姿勢でしたが、案の定、しばらくすると首をぐるり、ぐるりと回して自然と体操をし出しました。


間違いなく、首に痛みか、違和感を感じている証拠です。


「こんな小さい時から首を痛めていたら、将来どうなってしまうのだろう・・・」と、自分の子供でもないのにとても心配になりました。


間違いなく、ストレートネックになりますので・・・。


かく言う我が子も同じように悪い姿勢でゲームをしたりすることがあり、その度に注意をしています。


以前は先の男の子と同じように、首をぐるり、ぐるりと回すのをよくやっており(正直、見てて気持ち悪かったです)、「あ、首が悪いな」と思って、それに対してはすぐに首の矯正を行い、大事に至らないようにしていました。


その効果か、最近はめっきり首をぐるりとやる仕草は少なくなりました。


ゲームだけでなく、同様にスマホの操作でも下を思いっきり向いて、首が直角になるくらい曲げて操作している人を電車などでよく見かけますが、きっとこの方達も首や肩、そして腰に痛みなり違和感を感じているのではないかと思います。




特に若いうちはまだ成長過程で関節が柔らかいため、ある程度の年齢の方よりは影響は少ないですが、チリも積もれば山になりますので、そのうちひどいストレートネックによる首コリと肩コリ、頭痛などに悩まされると思います。


それを回避するには、スマホやゲームはやならいことが一番ですが、それはあまりにも現実的ではありませんので、せめて画面を見るときは、自分の目線の位置にまで画面を持って行き、操作することです。


私はいつも電車の中でも家でもそのようにしています。


自分の身は自分で守るしかありませんので、そのような対策をしていただけたらと思います。


コメントを残す

ノートパソコンスタンドでストレートネックを予防しましょう

以前に投稿した記事の焼き直しになりますが、ノートパソコン(に限りませんが)を使用しているとどうしても顔が前に出たり、画面を見下ろすような姿勢になって首がまっすぐになってしまうことがあります。


いわゆる、「ストレートネック」という症状です。


RFAME1hKYM76ymu
*「ガールズちゃんねる」のHPより図を引用


首の骨は通常、前側にカーブしています。それによって重い頭を支えることができる構造になっています。


ところが、パソコンやスマホ、タブレット、携帯ゲームなどを長時間使用していると、どうしても「下を向く」時間が長くなってしまい、そのせいで首の前側のカーブが失われてしまいます。


そうすると、もう首では重い頭を支えることができなくなってしまうので、代わりにどこが頑張って頭を支えるかというと、「肩と首の付け根」で頑張って支えようとします。


そのせいで肩コリ、特に首の付け根のところが凝ってしまうのです。

vb_screenshot


皆さんも心当たりはありませんか?


このストレートネックは特に若い女性に多い症状ですが、最近では小学生にも非常に多いです。


それは筋肉の量が少なく、弱いために頭を支えられなくなるからです。


そこで、ノートパソコンを使っている方でストレートネックにならないようにする方法として(今回はこれに限定します)、下の写真のようにブックエンドを利用した「ノートパソコンスタンド」を使用してみてはいかがでしょうか?


写真-52


この方法だと、ノートパソコンのキーボードは斜めになってしまっているので、使いづらくて使用できないため、外付けのキーボードが一つ必要になってしまうというデメリットはありますが、画面と目の高さが水平になるので顔が前に出たり、目線が上から下になることがないので、ストレートネックにもなりにくい方法です。


ノートパソコンをお使いになっていて、ストレートネックでお悩みの方はぜひ一度お試しください。


*私はこれを観て作りました*
ノートパソコンスタンドの作り方



コメントを残す

「スマホ」で肩コリ?!

今や、日本人の2人に1人は持っているスマホ。


皆さんの中にも使っている方がたくさんいらっ
しゃると思います。


例に漏れず、私もです。便利ですよね〜、スマ
ホは。


しかし、このスマホで「肩コリが起きやすい」
とお話ししたら驚くでしょうか?


では、写真(上)をご覧ください。
写真-47

この姿勢、皆さんがスマホを操作する時によ
くしている姿勢ではないでしょうか?


この写真を見てもお分かりのように、頭と首と
背中が一直線になってしまっています。


しかも「猫背」になってますよね?


以前にこの投稿でもお伝えしましたが、これが
いわゆる「ストレートネック」を作ってしまう
原因の一つなのです。


ストレートネックになると、まっすぐになった
首では6〜7kgほどの重さがある頭を支えられ
なくなります・・・


そうすると、首の代わりに、首と肩の付け根の
筋肉が頑張って頭を支えようとします。


そのため、肩コリ、首コリが起きやすくなるの
です。


スマホの普及率と相まってストレートネックの
人(特に若い人)が増えているのは、この姿勢
と大きく関係があると思っています。私見です
けど。


そこで、ストレートネック防止、肩コリ改善
に、写真下のような姿勢でスマホを操作する
ことをオススメします。


実際、私はなるべくこういう姿勢でスマホをい
じるようにしています。


もちろん、外でも、電車の中でも。


外出先や電車の中でこの姿勢を取ると、後ろの
人に画面が丸見えになるので、ためらいがある
かもしれませんが、写真上の姿勢がご自分の肩
コリを助長している原因だとすれば、外出先や
電車の中でのスマホをやめるか、この姿勢をや
めるか・・・


肩コリの原因は大きく3種類(血行不良型、
ズレによる神経型、それらの混合型)に大別さ
れますので、スマホの操作の姿勢だけが肩コリ
の原因ではありませんが、このような姿勢を含
め、血行不良から来る肩コリであれば、ご自分
で解決できます。


血行不良による辛い肩コリを改善するのは、皆
様方ご自身です。


まずは、ライフスタイルから見つめ直してみま
せんか?

コメントを残す