肩コリ解消ストレッチ

以前にもブログでご紹介いたしましたが、肩コリに効果的なストレッチ法を改めてご紹介いたします。


やり方は単純です。


①フェイスタオルの両端を持って、グーッと胸を大きく開き、そのまま腕を後ろに引っ張って戻す、というのを10〜20回ほど繰り返します。



②同様の持ち方で、今度は軽く肘を曲げ、その肘を下に動かすと肩甲骨が動きますので、その動作を10〜20回ほど繰り返します。



タオルよりもチューブを使用した方が伸縮性があるのでやりやすいかもしれません。



③肩に指先を当て、その状態で肩を後ろに大きくゆっくりと20〜30回ほど動かします。


タオルやチューブを使ってのストレッチはなかなか仕事場ではできませんよね?


そのような時はこのやり方が効果的です。


通常、「肩を回す」というと肩に指先を当てずに回す方が多いと思います。


でも、実は、それは「肩を回す」のではなく、「腕を回す」という動作になってしまっているので、あまり意味がないやり方になります。


ポイントは「肩甲骨を動かす」ということですので、肩甲骨を動かすように意識してやってみてください。


後ろ回しをやったら今度は前回しも同様の回数やりましょう。


④肩をグーッと上げてストンと落とすのを10〜20回ほどやります。



首をすぼめるような姿勢ではなく、胸を張ってやや肩甲骨を内側に寄せるようにした状態で肩をグーッと上げ、その後勢いよくストンと落とします。


これも「肩甲骨を動かす」ということを意識してやってみてください。


⑤腕を水平に上げた状態で肘を直角に曲げ、曲げた肘で小さな円を描くように20〜30回ほど動かします。


慣れないとちょっと難しいかもしれませんが、肘で円を描くようにすると肩甲骨が動いているのが実感できると思います。


肩甲骨が動いているのが実感できたら今度は肩甲骨にだけ意識を持っていくと、より効果的です。


③と同様に、後ろ回しでやったら前回しでも同様の回数行ってみてください。


以上、5つのやり方をご紹介させていただきましたが、「その全てをやれ」ということではありません。


皆さまにとってどれかやりやすかったり、効果を感じるやり方があると思いますので、その中からピックアップしてやっていただいても構いません。


このストレッチをやった後、肩甲骨や肩周りにホカホカと温かくなるような感覚がありましたら、それはそれだけ「凝り固まっていた」ということになります。


また、翌日「あれ?なんか肩周りが筋肉痛みたいだな・・・」という感覚がありましたら、それは「よっぽど」凝り固まっている証拠です。


このストレッチだけで全ての肩コリが改善する訳ではありませんが、とても効果はあると思いますので、ぜひお試しください。



コメントを残す

ノートパソコンスタンドで肩コリが楽になります

以前にもこのブログで書いた内容になりますが、ノートパソコンを使用している方で肩コリに悩んでいる方は、ノートパソコンスタンドなるものを使用すると、肩コリが楽になります。


ノートパソコンスタンドは自作でも作ることができまして、私は自作のノートパソコンスタンドを使用しています。


*私はこれを観て作りました*
ノートパソコンスタンドの作り方


先日、「普段の仕事の姿勢が悪いのかもしれない」とおっしゃっていた方に、このノートパソコンスタンドのことをお伝えしましたところ、早速試していただいたようで、「すごく楽になりました!」とおっしゃっていただけました。


やはり、普段のパソコンをしている姿勢というのは大事ですね。


ストレートネックも先天性(生まれつき)というよりは、生活習慣からなる後天性のものですからね。

*「ガールズちゃんねる」のHPより図を引用


会社ではなかなかこのノートパソコンスタンドを使用するのは難しいかもしれませんが、もし理解のある会社さんでしたら、ぜひ試していただきたいです。


つまりは、ノートパソコンよりもデスクトップ型のパソコンの方が肩コリにはいいということですね。



「デスクトップだけど、肩がこるけど?」という方もいらっしゃると思いますが、その方はデスクトップで操作する時の姿勢がよくないことが一因として挙げられます。


それに加えて、「首のズレ」も肩コリの大きな要因となりますので、お心当たりのある方はぜひお気軽にご相談ください。


コメントを残す

「片方の肩が凝る」のは首のズレが原因です

「肩コリ」と一概に言っても、その人その人で肩コリの状態は異なります。


8043645a4bb319de838d80c7feee4377_s


大まかに、両方の肩が凝っている人と片方の肩だけが凝っている人に分けられますが、特に片方の肩だけが凝っている人は首のズレの影響が大きいです。


首は全部で7つの骨から形成されますが、その骨の隙間から肩や腕に行く神経が出ています。


その神経や血管が首のズレによって圧迫されてしまうと、肩や腕に神経からの命令や血管からの酸素、栄養が十分に届かなくなるため、どうしても筋肉が硬くなってしまうのです。


頚椎がズレると


それが肩コリが起こる一つの原因で、私はこれを「神経的なコリ」と呼んでいます。


「神経的なコリ」は、普段皆さんが「コリ」と認識している「血行不良によるコリ」とは性質が異なります。


「血行不良によるコリ」の場合は、血行不良が原因なので揉んだり、温めたりすると改善されやすいコリですが、「神経的なコリ」の場合は骨のズレによる神経や血管の圧迫によって起こるコリのため、揉んだり温めたりしても改善されません。


骨のズレを正常に戻すということが必要になります。


そのため、「片側の肩コリが辛い」と言う方は、まず首のズレが疑われます。


つまり、「右の肩が特に凝る」という場合には右の首にズレがあり、「左の肩が特に辛い」という場合には左の首にズレがあるということになります。


そのズレを取り、硬くなってしまった筋肉を緩めて改善に導く、というのが当院の肩コリに対するアプローチです。


頚椎矯正左から_5849


両方に肩コリが起きる人は、この首のズレに加えて、パソコンやスマホを長時間することによる姿勢の悪さも原因となりますので、姿勢の改善や日頃のストレッチということも大事なセルフケアになります。

写真-47
*スマホはなるべく目線の高さに合わせて操作すると首や肩への負担が軽減されます


片側の肩コリでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

コメントを残す