生理痛ってなぜ起きる?

私は男性なので生理痛の辛さはわからないのですが、生理痛、生理不順など
に悩む方は非常に多いです。


生理痛の場合、「子宮口が狭い」、「子宮や卵管に異常が見られる」と
いった物理的な問題で起きる場合があります。


また、生理直前から前半くらいまでは子宮内で「プロスタグランジン」と
いう物質が増加し、子宮を収縮させて月経血を外に押し出す役割をしてい
ます。この子宮の収縮が強すぎると、痛みが出やすくなります。


また、この子宮収縮にも関係するプロスタグランジンは痛み自体にとても
関係している物質です。そしてこのプロスタグランジンは、痛み止めに
よって体内での合成を抑えられてしまいます。そのため、多くの方が生理
痛の時に「イブ」や「ロキソニン」という痛み止めを飲むと生理痛の痛み
を抑えることができるのはこのためです。


こうした物理的な問題や生物学的な問題だけでなく、生理痛で悩む方達は

「股関節(腸腰筋)が硬い」
「骨盤の動きが硬い」
「冷え性」


といった傾向があることを経験的に感じています。


そしてこれらに共通して言えるのは、いずれも「血行が悪い」という
ことです。


「股関節(腸腰筋)が硬い」
腸腰筋に関しては以前にもこのブログでお話ししましたが、腸腰筋は
股関節と背骨を前側でつなぎ止める筋肉です。
vb_screenshot-10
*真ん中の丸で囲ってあるのが子宮と卵巣、右の丸で囲ってあるのが
腸腰筋


この筋肉が硬くなると股関節も硬くなるので、腰痛にもなりやすく
なります。
(*詳しくはコチラを参照してください)


骨盤内には子宮や卵巣が入っているため、この腸腰筋が硬くなるという
ことは骨盤内の血行が悪くなっていることになります。


「骨盤の動きが硬い」
また骨盤は正常なら左右均等に動きますが、骨盤がズレてどちらかに傾いて
しまうと動きが悪くなります。骨盤の動きが悪いということは骨盤内の血流
も悪くなってしまうことになります。


この骨盤の傾きも腸腰筋に負荷をかけ、さらに腸腰筋を硬くしてしまうこと
になります。


さらに、生理中は骨盤は開く方向に行きますが、傾いた骨盤だと仙骨の
動きも悪くなっているため、骨盤が開いた時に仙骨が押され、腰に痛み
が生じやすくなります。
vb_screenshot-11
*丸で囲ってあるところが「仙腸関節」という部位で、ここが硬くなると
腰痛になりやすくなります。真ん中の両側に穴が空いている骨が「仙骨」
です。


「冷え性」
また、内蔵は生きていくのに必要不可欠な臓器であるため、ここが冷えて
いると一大事なので血流を内蔵に集めようとします。そのため、生きてい
くのに絶対に必要とは言えない手足の血流を内蔵に集めるので、冷え性の
方は手足が冷たくなってしまうのです。


ということは、冷え性の方は内蔵も冷えていることになります。
ということは、生殖器が入っている骨盤内も冷えていることになります。


骨盤内が冷えているということは血流が悪いということなので、月経血
を外に出すことができず、先ほどお話ししたプロスタグランジンが「も
っと頑張らなきゃ!」とたくさん分泌され、子宮の収縮を強めて月経血
を出そうとします。


そのために、子宮が収縮され過ぎて痛みが出やすくなるのです。


生理痛の痛みの原因には様々な理由がありますが、多くの方に共通して
いるのは

「股関節(腸腰筋)が硬い」
「骨盤の動きが硬い」
「冷え性」


の3つの項目です。


次回はこの解消法についてお話ししたいと思います。
といっても少し和らげる程度ですが・・・

コメントを残す

「生理痛ってなぜ起きる?」の解消法

前回のブログの続きです。


生理痛を和らげる方法、といっても完全に解消するのはなかなか難しい
ことです。


しかし、基本は「体を温める」ことが最も大事です。


「体を温める」には、一年中を通して

・冷たい飲み物、食べ物を控え、温かいものを摂る
・腹巻きをして下腹部を冷やさない(できれば夏でも)
・ショウガやネギなど体を温める食材を摂る
・シャワーで済ませず、湯船にしっかり浸かる


といったことが一般的によくやっていただくアドバイスになります。

冷え対策についてのブログはコチラ
その1シャワーだけで済ませない
その2冷たいものを摂り過ぎない
その3−1精製されたものは控えましょう
その3−2精製されたものは控えましょう


これらに加えて、

・股関節のストレッチをやる
・岩盤浴やゲルマニウム温浴などの施設を定期的に利用する
・整体で骨格を整える
・仙骨を温める


ということが私がオススメする追加のアドバイスになります。
もちろん、これ以外にも色々よい方法があると思いますので、
これが絶対ではありません。


次回はこのことについて、もう少し詳しくお話ししたいと思います。

コメントを残す

「生理痛ってなぜ起きる?」解決法その2

前回の続きです。


よくある生理痛対策の他に、私がオススメするのは

「股関節のストレッチをする」
「岩盤浴やゲルマニウム温浴などの施設を定期的に利用する」
「仙骨を温める」
「整体で骨格を整える」


ということです。



「股関節のストレッチをやる」
股関節をストレッチすることは、腸腰筋を柔らかくすることにもつながります。
腸腰筋が柔らかくなれば、骨盤内の血流もよくなります。そうすると、月経血
の流れもよくなるので、過剰なプロスタグランジンの放出から免れることがで
きます。


股関節のストレッチのやり方については、以前、こちらのブログでも取り上げ
ていますので、ぜひご参照ください。生理痛に限らず、股関節を柔らかくする
ことは腰痛の予防にもなりますので、万人にオススメです。


股関節のストレッチについてはコチラ
その1お尻のストレッチ
その2股関節とお尻のストレッチ
その3股関節とお尻のストレッチpartII


それから、「骨盤回し」の体操も骨盤の硬さを解消するにはオススメです。
慣れるまでは変な感じがしますが、次第に慣れていきますし、終わった後
はじんわりと骨盤周りが温かくなるのがわかります。


最近、美人三姉妹モデルのお姉さんがテレビでよく取り上げていますので、
検索してみてください。



「岩盤浴やゲルマニウム温浴などの施設を定期的に利用する」
運動で汗を流すことももちろんいいことですが、岩盤浴やゲルマニウム温浴
などの施設は、体の中から温めてくれるので、体質改善に向いていると思い
ます。


ポイントは体の表面だけでなく、「体の中から温める」ということです。
体の中から温める器械、施設であれば岩盤浴、ゲルマニウムにこだわる
必要性はありません(例えば超短波治療器、インディバなど)。


しかし、これも定期的に気長にやることが大事です。一度や二度ではなかなか
改善できませんので、できれば歯磨きのようにライフスタイルに組み込んでし
まいたいものです。


ちなみに、余談ですが、汗をかいてもそれほどデトックスにはなりませんので
ご注意を。汗よりも尿、尿よりも便の方がデトックスの割合が大きいです。


ただ、体を温めることによって腸の動きがよくなると、便の出がよくなること
にも繋がりますので、そういう意味ではデトックス効果は大いにあります。



「仙骨を温める」
仙骨は、骨盤を形成するお尻の真ん中にある骨です。
写真-10
(*「ここ」と書かれているのは「仙腸関節」というとても大事な部分です)


仙骨の内側には子宮や卵巣といった生殖器が収まっています。この仙骨と
子宮は「仙骨子宮靭帯」と呼ばれる靭帯で結ばれていますので、この靭帯
が縮むと仙骨は前側に引っ張られるので腰痛が起きやすくなりますし、
子宮は後ろ側に引っ張られるので月経血の流れが悪くなる、という関係性
があります。
vb_screenshot-12
(*真ん中にある楕円形の臓器が子宮。緑で囲ってあるのが仙骨子宮靭帯)

また、仙骨は脊柱、つまり上半身を支えるのに重要な役割を果たしています。
上の上の図にも矢印で示してありますが、仙骨と腸骨(骨盤の一部)との間に
「仙腸関節」というわずかにしか動かない関節があります。


実は、ここが硬くなって動きが悪くなると、腰痛になりやすくなるのです。


そのため、生理痛の時に腰が痛くなったり、重くなったりする方の場合は
この仙骨を温めると楽になるケースが多いです。


仙骨を温めることによって骨盤内を温めることができるので、間接的に子宮
や卵巣を温めることができます。


仙骨に加えて下腹部をホカロンやホットパックなどでサンドイッチするように
温めるとより効果的です。


対症療法的ではありますが、仙骨が温まって動きが柔らかくなれば仙骨子宮靭
帯も柔らかくなり、子宮の締め付けもゆるみ、生理痛を楽にすることができる
ようになります。


また、常日頃から温める習慣をつけておくと、仙骨や仙骨子宮靭帯が硬くなる
ことを防ぐことができるので、セルフケアとしてぜひやっていただきたいです。



「整体で骨格を整える」
整体で骨盤や仙骨を含めた全身の骨格を整えると、全身の神経の通りや血液の
流れがよくなります。


さらに、股関節や仙腸関節をしっかり緩めると骨盤内の血液の流れがよくなる
ので、月経血の流れもよくなります。


そうすると流れずに溜まってしまう月経血が少なくなるので、子宮を収縮させ
て月経血を押し出そうとするプロスタグランジンの分泌も少なくなり、生理痛
が和らぎます。


また、姿勢もよくなるので、骨盤の前傾や後傾を改善することができ、結果的
に仙骨子宮靭帯への負担を和らげることにも繋がります。


つまり、上記の「股関節」、「冷え」、「仙骨」に関しては、整体で対応可能
ということになります。もちろん、改善には数回あるいは数十回かかるかもし
れません。


そしてそれにはセルフケアも同時に必要であることは言うまでもありません。


今回お話ししたことに加えてよくある生理痛対策の

「シャワーですませない」
「冷たいものを摂らない」
「腹巻きをする」

などのことは、基本としてしっかりやっていただきたいです。


いずれにしてもセルフケアはとても大事です。
「守るのは自分自身」と思って、他人任せにしないようにしましょう。


その上で自分では手の届かないケアに関しては、専門家の手を借りる
ということが改善の一番の近道だと考えています。





私は男性ですので、生理痛の辛さや痛みはわかりません。しかし、これまでの
施術の経験や知識、セルフケアをオススメした方々の体験談をお聞きしたこと
をもとにまとめてみました。


もちろん、これが全てではないですし、もっといい解決策があると思います。
それは今後の私の課題としてさらに勉強していきたいと思います。


皆様の辛さ、痛みが少しでも和らいでいただけたら・・・
そういう思いで今回「生理痛」を取り上げてみました。
ご参考になれば幸いです。






コメントを残す