膝の痛みには「太ももの内側の筋肉」も関係しています

先日、膝の痛みについて記事を書きましたが、その時は太ももの前側の筋肉や外側の筋肉が膝の痛みに関係していることをお伝えしました。


今回お伝えするのは、太ももの内側の筋肉も膝の痛みに関係する、ということです。


<縫工筋(ほうこうきん)>
縫工筋

<薄筋(はっきん)>
薄筋

<大内転筋(だいないてんきん)>
大内転筋

上記以外にも太ももの内側の筋肉はありますが、これらの筋肉を見ていただくと膝の内側に付着しているのがお分かりいただけると思います。


そのため、これらの筋肉が張ってしまうと膝の動きにも影響が出てきます。


そして、これらの筋肉が張っている時は、たいてい「腰も張って」います。


つまり、太ももの内側の筋肉が張って膝が痛い時は、「原因は腰の方にある」と考えると改善までの時間が短くなります。


実際、先日来られた60代の女性の方は、「急に足が付けないくらい膝が痛くなってしまった」とのことだったのですが、触ってみると、太ももの内側の筋肉がものすごく張っていました。


そこですぐに腰を確認してみると、腰もかなり張っていて「腰の痛みも自覚があった」とのことでした。


あのまま膝だけを診ていたら、治るまでにもっと多くの時間がかかってしまったかもしれませんが、幸いにも数回の施術で改善することができました。


「木を見て森を見ず」ということにならないようにしなくてはいけない、と感じる一症例でした。


また、50代の女性の方は、普段は膝が痛くなることはないとのことですが、「左の腰があまりにも痛くなると左膝の内側が痛くなる」とのことです。


これも上述した「腰と膝」の関係を表している事例だと思います。


059cf4b2e83383f331741a9094985fdb_s


一方、今の時期のように寒い季節で膝が痛くなる時には、「冷え」も関係してきます。


体が冷えるということは、血流がよくないということですので、患部にも血液が流れていないということになります(少し乱暴な言い方ですが)。


そのため、筋肉も硬くなり、それによって関節の動きが悪くなり(関節は筋肉によって動かされるので)、動き出しなどで膝に痛みを感じる、ということになります。


こうした冷えによる膝の痛みの場合は、膝を温めることが一番の治療になりますので、サポーターでもいいですし、保温性の高いタイツでもいいですし、膝を温めるようにしてください。


膝の痛みでお困りの方は、原因には様々なことが考えられますので、まずは一度ご相談ください。





コメントを残す

膝の痛みは膝関節にあらず

膝が痛いと「グルコサミンだ!」、「コンドロイチンだ!」とサプリメントを購入される方がいらっしゃいますが、膝の痛みは残念ながらグルコサミンやコンドロイチンを摂ってもなかなかよくなりません(痛みの種類によっては効果はありますが)。


膝が痛い時は膝の関節そのものの影響で痛むというよりは、多くの場合、「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」という太ももの前側の筋肉が張っていることが原因で、それによって膝の皿の周りの靭帯が硬くなり、そのために皿の動きが悪くなり、膝の曲げ伸ばしの際に痛む、ということがほとんどです。


大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
大腿四頭筋


大腿四頭筋は、大腿部の前側にある四つの筋肉のことを言いますが、この四つの筋肉は一つに集合して「膝蓋腱(しつがいけん)」となります(皿の上側)。


膝蓋腱(しつがいけん)
膝蓋腱


その膝蓋腱は膝の皿をまたぎ、「膝蓋靭帯(しつがいじんたい)」となります。


膝蓋靭帯(しつがいじんたい)
膝蓋靭帯


このように、太ももの前側の筋肉が張って硬くなると、膝の皿の動きを制限してしまう、ということは想像出来ると思います。


そのため、「膝が痛い」という時は、まずこの大腿四頭筋の張りと膝の皿の動きをチェックします。


そのチェックによって、どの方向へ皿を動かした時に動きが悪いか、痛いかを確認し、動きの悪い方向や痛みの出る方向の靭帯や筋肉を緩めていく、というのが基本的な膝の痛みに対する施術となります。


また、膝の痛みの場合は大腿四頭筋だけでなく、「大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)」という太ももの外側の筋肉、「腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)」という大腿筋膜張筋につながる靭帯が張っている場合も起きやすくなります。


大腿筋膜張筋(だいたいんまくちょうきん)
大腿筋膜張筋


腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)
腸脛靭帯


と言いますのも、この外側の筋肉や靭帯は内側の筋肉(内転筋)よりも強いため、内側の筋肉を引っ張り、小指側の方に体重がかかりやすくなってしまいます。


そうなると、膝の皿も外側に引っ張られるので、膝の内側部分に痛みが出てしまう、ということになります。


さらに、膝の靭帯は前側だけでなく、後ろ側にもあるため、膝の裏側が張ることによっても膝の皿が後ろ側に引っ張られて動きが制限され、膝に痛みが出る場合もあります。


そのため、膝の痛みに対する施術は、膝の皿の動きに注意しながら前側、外側、内側、裏側の主に四ヶ所の筋肉・靭帯を中心にケアをしていきます。


もちろん、こうしたバランスの乱れは骨格全体のズレから生じることになるので、頚椎、胸椎、腰椎の矯正を併せてやっていきます。


「膝が痛いとこのまま歩けなくなってしまうのでは?」、「歳なのかな・・・」と不安に思われる方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。


決して「年齢」のせいではありませんので、ご安心を。




コメントを残す