低気圧になると関節が痛くなったり、頭痛がするのはなぜ?

先週末は運動会だった、というご家庭も多かったのではないでしょうか?


しかし、残念ながら土曜日、日曜日と皮肉なくらいに雨が降り、ようやく月曜日の体育の日に運動会ができたようです。


9月もほとんど雨。10月に入ってもスッキリしない天気が続き、せっかくの運動会も雨。本日も曇天。と、いい加減晴れた日が恋しくなる日々です。


こうも雨や曇りの日が続くと、体調が悪くなる方は少なくありません。


041beff24386a41351d9cde2016aefc4_s


その原因には色々ありますが、私が考える最大の原因は「低気圧」です。


では、低気圧になるとどうして古傷が痛んだり、関節が痛んだり、頭痛がしたり、体調が悪化するのでしょうか?


ちょっと飛行機に乗った時のことを思い出してみましょう。


飛行機に乗って上空に行くと、気圧が低くなります。飛行機に乗った後に、ポテトチップスの袋がパンパンになったのを見たことがある、という方も多いのではないでしょうか?

20160419_1650433
(ハロー!パソコン教室イオンモール堺鉄砲町校のHPより引用)


それが低気圧になった時の現象なのですが、そもそも地球を取り巻く環境では空気はあらゆるものを上からでも横からでも押しており、これを「気圧」と言います。


%e7%ad%89%e5%9c%a7
*外側からと内側からの圧力が同じ場合


ポテトチップスの袋もこの「気圧」に押されている訳ですが、上の図のようにポテトチップスの袋の中にも気体があるので、外からの「気圧」に対抗して押し返すため、通常の状態ではポテトチップスの袋はいつも見ているような膨らみになります。


ところが、低気圧になると外から押す力が弱くなり、逆に内側の気圧は相対的に強くなります。

%e4%bd%8e%e6%b0%97%e5%9c%a7
*外側からの圧力が低く、内側の圧力が高い場合


そのため、低気圧の状態ではポテトチップスの袋の中の空気が外側の気圧よりも押し返す力が強くなるために、パンパンに膨れ上がるという現象が現れるのです。


一方、関節の中には潤滑油のような働きをしている滑液(かつえき)という液体があります。


dict_img_023
(人工関節ライフのHPより引用)


これがあるおかげで、関節が滑らかに動き、曲げたり、伸ばしたりすることができます。


関節の中は骨と骨の隙間の空間になっており、その空間はいわば、「部屋」のようなものです。


建物の「部屋」の大きさは圧力でその広さが変わらないのと同じように、骨と骨で囲まれた関節の中の「部屋」も、気圧によって広さは変わりません。


ところが、低気圧になると、飛行機の中のポテトチップスの袋で見られるように、内側の気圧の方が高くなるので滑液が「部屋」の壁を押し上げようとします。


それによって、関節の内側にある神経が圧迫されて痛みが生じるのではないか?と推察されます。


分かりづらい説明ですが、お分かりいただけたでしょうか?


そのため、低気圧になると、大きさが変わらない頭蓋骨や関節腔(関節の中の隙間)を血液や滑液が内側から圧迫するため、偏頭痛や関節痛を持っている方は、低気圧になると頭が痛かったり、関節が痛かったりするので、雨が降ることを予測できるワケです。


気圧は日々変化しますし、人間の力でどうなるものでもありませんが、例えば頸椎のズレを取ることで低気圧による頭痛は軽減されますし、例えば膝関節のお皿の動きを良くするだけでも低気圧による膝の痛みは軽減されます。


イメージとしては「圧を分散させる」といったところでしょうか。


低気圧になると調子が悪いという方にとって、当院がお役に立てれば幸いです。


コメントを残す

交通事故後の頭痛に悩まされている方はとても多いです

この仕事をしていて思うことは、首の痛みに悩まされていらっしゃる方はもちろんのこと、頭痛に悩まされていらっしゃる方もとても多いということです。


f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s


頭痛が生じてしまう原因はいくつかありますが、中でも交通事故に遭ったことがある方で、その後、頭痛に悩まされる方はとても辛い思いをされていらっしゃいます。


5c90ce3ca882ab41192ee3a6d89c275b_s


交通事故に遭われた方は、大なり小なり、頚椎のズレがあります。


そして、そのズレが頭痛の原因になっています。


交通事故はご自分が思っているよりもかなり体に影響を及ぼしますので、事故後ずいぶんと経っているのに辛い症状が続くのはそのためです。


また、交通事故による頚椎のズレを正常に戻しても、事故の衝撃が強いため、数日経つとまた元の状態に戻ってしまいます。


これを何度か繰り返して、体に「こっちが正しい状態だよ」というのを認識させていくと、段々とズレ幅が小さくなっていったり、ズレの箇所も少なくなっていきます。


頚椎のズレの確認


ただし、一口に交通事故と言ってもどういうシチュエーションで交通事故に遭ったか、事故からどれくらいの月日が経っているのかは人それぞれですので、「どれくらいやったらよくなるのか?」ということについては正確に申し上げられないのが正直なところです。


それでも、これまで一回目よりも二回目、二回目よりも三回目と施術を受けていただくことで、多くの方が「だいぶ頭痛が楽になりました」、「たまにウッと来ることがありますが、薬を飲むほどではなくなりました」とおっしゃっているため、その点についてはあまり悲観なさらなくても大丈夫です。


少しでもお役に立てればという思いで施術しておりますので、交通事故による頭痛でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

「おでこ」も凝るって知ってましたか?

皆さん、「おでこ」も凝るって知ってましたか?


先日来られた患者さんですが、その方は元々頭痛があった方で、当院に来られてから頭痛の回数がめっきり減って、頭痛薬を飲まなくてもよくなりました。


ところが、ここのところ仕事が立て込んで、またちょっと頭痛が出そうな感じになったため、当院に来られました。


今回は目もだいぶ疲れている感じでしたので、頭だけでなく、目の周辺もケアさせていただくことにしました。


実はあまり知られていませんが、「おでこ」も凝るんです。特にパソコン作業が多い方で、目疲れや頭痛がある方はかなりの確率でおでこが凝っています。


ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_s


それはパソコンをやっていると、まばたきをあまりせずに、画面をジッと見るようになってしまうので、持続的に瞼を開けている時間が長くなります。

0460c96f2cc6dbb1e141f68afdece560_s


その瞼を開けるのを補助する筋肉がおでこなので、パソコンをやる時間が長いとおでこがずっと緊張状態になってしまうため、おでこが凝ってしまうのです。


大抵の方はおでこをケアされると「おでこってこんなに痛いんですか?」と驚かれる方が多いのですが、今回来られた方は「気持ちいい〜」とおでこケアの気持ちよさに「意外な発見」と喜んでくださいました。

目疲れケア2_5873


頭痛、目疲れでお悩みの方は、おでこもケアすると楽になることがあります。それは頭と顔が一枚の皮で覆われているようなものなので、その頭と顔の中間に位置するおでこをケアすると、頭も顔も緩むからです。


「エステでは顎とかのフェイスラインしかやってくれないので、おでこがこんなに気持ちいいとは知りませんでした!」という先日の患者さんの言葉が、その実感性を物語ってくれているのではないかと思います。

コメントを残す