肩(腕)の痛みと首のズレはリンクしています

肩(腕)を挙げるのが痛い、腕が挙がりにくい、などの症状でお困りの方は多いと思います。

 

実際に当院にもそのような症状の方が多くみられます。

 

症状にもよりますので一概に言えませんが、多くの場合、首のズレによって肩関節の中を通る神経が圧迫されることが原因となっており、それによってその神経が支配する領域の筋肉が硬くなり、「痛みが出る」、「可動範囲が狭くなる」、「挙がりにくい」などの症状が出てしまうことが考えられます。



*黄色で示されているのが神経です

 


*黄色で示されているのが神経です

 

上の図をご覧いただくとおわかりいただけると思いますが、黄色で示されている神経は首から出て肩を通り、腕へ、さらに肘を通って指先へと繋がっています。

 

そのため、首にズレが生じ、これらの神経が圧迫されてしまうと、痛みや可動範囲の狭さ、挙がりにくさだけでなく、「痺れ」も生じてしまう原因にも繋がります。

 

具体的な施術方法といたしましては、原因になっていると思われる首のズレを取り、硬くなってしまっている筋肉類(腕や大胸筋という胸の筋肉、肩甲骨側の筋肉など)や肩関節、靭帯を緩めて、肩関節を動かして「どこの動きが悪いのか?」を確認しながら可動範囲を広げていく、というものになります。

 

当院では、まず首のズレから先に矯正していきますが、なぜそうするかと申しますと、先にズレを取った方が筋肉が緩みやすくなるからです。




首のズレによって神経が圧迫されて筋肉が硬くなる、という流れですので、まず先に首のズレを取って筋肉が緩みやすい状況を作ってあげると、痛みや稼働範囲の狭さを効率的に改善しやすくなります。

 

「どのくらいで治るのか?」というのが皆様が最も気になる点だと思いますが、こればかりは「何が原因で起きたのか?」ということや「どのくらいの年月が経っているのか?」などによっても違いますので一概には言えませんが、一度の施術で何らかの効果を体感していただけるようであれば、施術後の状態によってどのくらいの期間が必要か、ある程度のめどはお伝えできるのではないかと思います。

 

肩(腕)の痛みや挙がりにくさなどでお困りの方は、ぜひお気軽に一度ご相談ください。

 

コメントを残す

胸(大胸筋)の痛みには首のズレが関わっています

鎖骨の下からのところ(大胸筋:だいきょうきん)に痛みがある場合、首のズレから来る症状が考えられます。


*青く示されているところが大胸筋です


首から出ている神経は、主には首から肩に降りて、そのまま腕、手、指先へと繋がります。


その際に、肩から枝分かれするような形で胸側や肩甲骨側にも神経が伸びています。


*黄色で示されているのが神経です。首から胸にかけて神経が通っているのがわかると思います


そのため、首にズレがある場合は、肩や腕、指先だけでなく、胸側にある大胸筋や肩甲骨側にも痛みやコリが出ることがあります。


この種類の痛みは神経的な痛みのため、多くの場合、首のズレを取り、硬くなっている大胸筋を緩めることで痛みは軽減されます。


一方、首のズレがなく大胸筋が痛む場合は、筋肉的な痛みなので、筋肉の疲労物質である乳酸が溜まって起きている可能性があります。


その場合は、乳酸を取り除いて筋繊維が自由に動けるようにしてあげれば、痛みは軽減されます。


*乳酸が溜まると、筋肉の伸縮を妨げ、スムーズな動きができなくなります


このように、原因によって痛みの種類が変わりますが、これは大胸筋に限らず、どこの部位においても共通して言えることです。


首の痛みやそれに纏わる辛さでお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。



コメントを残す

朝起きた時の「手指の強張り」は「首のズレ」が原因かもしれません

最近、急激に寒くなって来ましたが、こういう時期になると特に訴えが多くなるのが「手指の強張り」です。

2e060b23699faa4b4bcfda519c6665aa_s


中高年の女性によく見られるため、皆さん「リウマチではないか?!」ととても心配になって病院に行かれるようですが、血液検査で「リウマチではない」と診断されてホッとされるようです。


リウマチの場合、特徴的な症状は

・朝に関節の強張りがある
・手指の場合、「第二」関節が腫れる、痛む
・手首や膝などの関節が腫れる、痛む
・片側ではなく両側に現れる

というものです。


もし、朝起きた時に手指に強張りがある場合は、まずは上記の項目に当てはまるかどうかが一つの目安となりますので、ご参考にしてください。


さて、中高年の女性によく見られる「朝の手指の強張り」ですが、それには「首のズレ」が関係しているかもしれません。

神経圧迫


と言いますのも、首からは手指に行く神経が直接出ているため、大元の首の部分にズレがあるとその神経や血管を圧迫することになり、神経からの連絡や血液の流れが遮られてしまいます。

%e9%a6%96%e3%81%8b%e3%82%89%e6%89%8b%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%a5%9e%e7%b5%8c
*図の右腕に走る「黄色の線」が神経です


そのため、手指に神経からの命令や連絡がうまく伝わらなかったり、血液が十分に行き渡らなかったりしてしまうことで強張りが生じると考えられます。


実際に、私の経験上ですが、手指の強張りがある方はほぼ100%と言っていいくらい、首の状態は悪いです。


そして、首のズレを矯正していくと次第に手指の強張りが弱まり、気づくと「あ、そう言えば最近、朝起きた時に手指の強張りをあまり感じなくなった」という感想を述べられる方が多いです。


従って、朝手指の強張りがあるにも関わらず、血液検査でリウマチではないと診断されて原因がわからない場合は、「首のズレ」を疑ってもいいかもしれません。


と、ここで一つ疑問が生じます。


首が悪いのは何も女性に限定された話ではありません。


また、若い女性でも首が悪い人はたくさんいます。


それにも関わらず、中高年の女性に手指の強張りが見られると言うのは、本当に首のズレだけなのでしょうか?


そこには恐らく、「女性ホルモン」も大きく関与しているのではないかと想像できます。


女性ホルモンも朝の手指の強張りに関係する?

女性ホルモンには「エストロゲン」というものと「プロゲステロン」というものの2種類が存在しますが、このうち、エストロゲンが加齢と共に減少すると手指の強張りが生じやすいことが疑われています。


特に閉経後は、エストロゲンもプロゲステロンも減少しますので、「朝の手指の強張り」や「バネ指」ような症状が出やすいです。

image06
(更年期障害の症状と治療とケアHPより引用)


エストロゲンを補給する食べ物では、大豆イソフラボンを有する大豆食品(大豆、豆腐、納豆、豆乳、厚揚げなど)が有名ですが、これらを毎日適正量摂取し続けるのは現実的に難しいです。

40f8970f6d4d71678b9f13c00265354d_s
347a890794828bc9f97cc414206ef344_s


その場合には、大豆イソフラボンのサプリメントを服用するのも一手かもしれません。

about_img_01

こちらのサプリメントの摂取で朝の手指の強張りが治ったという女医さんのお話もあります。
*女医さんのお話はコチラ


エストロゲンが朝の手指の強張りに関係しているのであれば、「中高年の女性に多い症状」というのもうなずけますよね。
(中高年の女性に多く見られるバネ指も、恐らく女性ホルモンの減少と関係があると思います。)


首のズレが原因なのか、はたまたエストロゲンが減少したことが原因なのか、あるいはそれ以外が原因なのか、人それぞれ症状の程度や状態が異なるので一概には言えませんが、こうしたことも頭の片隅に置いていただき、ご自分に合った方法で治療されるといいのではないかと思います。


今回のブログが、朝の手指の強張りでお悩みの方の一助にでもなれば幸いです。


コメントを残す