足のだるさ、疲れのケアはここがポイントです

足がだるかったり、疲れたりしていると、ついつい足そのものをマッサージしたくなりますよね。


でも、足そのものよりも違うところをマッサージしてあげた方が効果が高い箇所があります。


それは「お尻」です。
212197


お尻の筋肉は、体の中でも最も強力な筋肉の一つで、歩行時に必ず使われる筋肉です。


お尻の下には坐骨神経痛で有名な「坐骨神経」や多くの血管が通っていますので、お尻の筋肉が張ってしまうと、坐骨神経や血管を圧迫することになってしまい、下肢に神経の働きや血液の流れが滞ってしまいます。


そのため、お尻の筋肉を柔らかく保つことは、下肢への流れをよくすることにも繋がるのでとても大事です。


ということは、「下肢の冷え」にも大事、ということが言えるわけです。


また、お尻の外側にある「大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)」という筋肉のケアも足を軽くさせる箇所の一つになります。


大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)
大腿筋膜張筋


大腿筋膜張筋は股関節の上の外側に位置する筋肉(腰に手を当てた時に四本の指が当たるくらいの位置)で、ご自分でもそこをちょっと強く押すと「効くぅ〜!」という感覚が得られると思います。


この部分はお尻の筋肉とも一部リンクしますので、ここのケアは腰痛の時の治療ポイントにもなります。


この大腿筋膜張筋とお尻の筋肉の一つである「大臀筋(だいでんきん)」という筋肉が合わさると、「腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)」という太ももの外側にある強靭な靭帯になるのですが、この腸脛靭帯も足が疲れた時やだるい時にケアすると、足が軽くなる箇所の一つです。


腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)
腸脛靭帯


ただ、ここは筋肉が薄いため、ソフトな力でやらないとかなり痛いです。


通常、足がだるかったり、疲れたりする時にケアをする太もも裏やふくらはぎ、足の裏に加えて、お尻や太ももの外側も合わせてケアすると、かなり足はスッキリします。


もちろん、ここまでやるなら、太ももの内側や股関節周囲、太もも裏とお尻の付け根など、どんどんケアしたい場所が増えていきますし、その方が当然楽になりますが、お尻と太ももの外側だけでも軽くなることは実感できるはずです(リンパとはちょっと違います)。


足のだるさ、疲れでお悩みの方は、ご自分でマッサージしたり、ストレッチの時に意識してやってみるなど、ぜひ一度お試しください。


もちろん、人にやってもらった方が気持ちがいいですが・・・。



コメントを残す

ようやくゲット!生姜パウダー!

以前からずっと探していた生姜のパウダーを
ようやく手に入れました。なぜ生姜のパウダー
を探していたかと言いますと、単純に体を温め
たかったからです。

写真

生姜であればチューブの生姜でもいいんじゃな
いか?と思われますが、チューブの生姜は「生」
タイプなので、「乾燥」したパウダーとは違い
ます。


「生」の生姜と「乾燥」した生姜では効能が違う
んです。


「生」の生姜には「ジンゲロール」という辛み成
分(生姜を食べるとピリッとするのはこのため)
が多く含まれています。ジンゲロールは手先や足
先といった末梢の血管を広げる作用があります。
そのため、手先、足先の血流がよくなり手先や足
先がポカポカするようになるのです。


一方、生姜を乾燥させるとジンゲロールの一部が
ショウガオールという別の成分に変化します。こ
のショウガオールは胃腸の壁を直接刺激して、胃
の血流を高め、深部の熱を作り出し、体の中から
体を温める働きがあります。乾燥生姜はジンゲ
ロールとショウガオールの両方の働きで、全身を
温めることができるのです。


生の生姜は手先、足先を温める効果はありますが、
体の内部の熱を手先、足先に送り出すため、体の
内部の体温はやや下げてしまうことがあるようです。


しかし、生の生姜には優れた殺菌作用があり、また
風味も豊かなので、薬味としては生の方がいいです。
乾燥生姜は風味は落ちますが、体を温める作用は強
いので、使い分けが大事になります。


こういったことから、乾燥生姜のパウダーを探して
いたのですが、なかなか見つからず、つい先日実家
に行った時に実家に置いてあったのでもらってきま
した。それもなんと、兄の会社で販売している商品
だとか・・・


こんな身近に欲しいものを扱っていたなんて・・・
灯台下暗しとはまさにこのことですね(笑)。


この生姜パウダーがよさそうであれば、当院でも
販売してみたいと思います。冷えに悩んでいる方
がとても多いので。


コメントを残す

オフィスでできる簡単!足裏リフレ

革靴やヒールを長時間履いていて足がだるく
なったり、足先が冷えたり、足がむくんだり
すること、たくさんありますよね??


そんな時にオススメなのが、「ゴルフボール」
を使った「簡単!足裏リフレ」です。

写真-63


これならゴルフボール一つあれば、オフィス
でもご自宅でも足裏をマッサージすることが
できます。このセルフマッサージの最大の特
徴は、ボールが自由自在に動くので自分は座っ
ているだけでいい、ということです。あとは
ご自分のだるいところや刺激すると気持ちい
いと感じられるところを中心にコロコロして
あげればいいだけです。


直接ボールをコロコロすると刺激が強過ぎて
痛い時は、ボールの上にタオルか何かを掛け
て、その上に足を置いて刺激するとちょうど
いいかもしれません。


慣れてくると足の指のところも上手に刺激す
ることができるようになってきますので、足
裏全体が刺激できるようになり、とても気持
ちがいいです。


「その日の疲れはその日のうちに取る」よう
にしていくと、日々の疲れ方が変わってきま
すので、足がだるい、冷える、むくむという
方はぜひお試しください。

コメントを残す