脚のケアもきちんとやります!

当院では、皆様の症状に合わせて施術していくスタイルですので、大げさに言えば、お一人お一人施術する内容は異なります。


当院のメニューにも記載させていただいておりますが、例えば、頭痛でお悩みの方の場合は、首、頭部を中心にやりますし、腕がだるかったり、痛かったりする方は腕を中心にやっていきます。


先日来られた患者さんから言われたことで、「ハッ!」としたことがございましたので、皆様の中にももしかしたらそう思っていらっしゃる方がいるのではないかと思い、ブログにてお知らせさせていただくことにしました。


その方に言われたのは「脚の方もしっかりやっていただけるんですね!」という一言でした。


と言うのも、ホームページのメニューには先ほどの例にも出しました「頭痛」や「腕」、他にも「目疲れ」といったものをピックアップして表示しておりますが、「脚」については何も触れておりませんでした。


そのため、「脚はきちんとやってもらえない」というような誤った認識を与えてしまっておりました。


そこで、皆様に訂正させていただきます。


脚のケアもしっかりやっております!

9ceaa2ee9675c77aa8e79f4f09be9d96_s
*こちらはあくまでもイメージです。実際は長ズボンを履いていただいている状態で施術します


もちろん、その方その方で辛い箇所が違いますし、自覚がなくても「脚が張っている」という方もいらっしゃいますので、時間配分は私のさじ加減ではありますが、「今日はむくみがひどいので脚もやってほしい」というような要望がありましたら、通常割く時間よりも長くケアするといった調整はさせていただいております。


そのようなご希望がございましたら、何なりとお申し付けください。





コメントを残す

鼻うがい、はじめませんか?

昨シーズンから風邪を引かないようにと、写真のようなポンプ式鼻うがい器を使用して、頻繁に「鼻うがい」を行っています。


IMG_1737


使い方は極めて簡単です。


適度の塩水(できれば少しぬるめの方が鼻への刺激がなくていいです)を作り、ノズルの先を片方の鼻に入れ、それを押さえながらポンプで塩水を送るだけなので、非常に楽ですし、かなり奥まで注入できます。


ポンプの強さを調整しないと、鼻の奥が痛くなったりするので注意が必要ですが、特別難しいことは何一つありません。


喉のうがいだけでなく、鼻のうがいをすることで感染を予防できますし、何よりスッキリします(鼻うがいの後に鼻をかむと、鼻の奥の方のゴミが取れる感じです)。


ただ、一つ難点なのは、鼻うがいをした後、鼻をかむのですが、しばらく経っても先ほど入れた塩水が体温で温まるからか、鼻水のようにダラ〜っと垂れてきてしまうことです・・・。


今年は昨年よりもインフルエンザが流行しそうです。


皆さんもぜひ「鼻うがい」を試してみてください。






コメントを残す

「足を組むから骨盤がズレる」、それって本当ですか?

先日もテレビ番組で言われていましたが、「足を組むから骨盤がズレる」というのが一般的な解釈のようです。


しかし、以前にもこのブログで記載しましたが「足を組むから骨盤がズレる」のではなく、「骨盤がズレているから足を組みたくなってしまう」というのが正しい解釈と当院では考えております。


実際に、骨盤を定期的に矯正していくと、そのうち「足を組まなくても大丈夫になりました」という声をよく聞きます。


腰椎矯正_5914


例えば右側に骨盤は動くけれど、左側に骨盤は動かないという状態の場合は、骨盤が右を向いてしまっているということになります。


そのような方に「足は右を上にして組むことが多くないですか?」とお尋ねすると、ほぼ100%の確率で皆さん「そうです!」とおっしゃいます。


つまり、座った時に上半身は正面を向いていても、下半身(骨盤)は右を向いてしまっているので、カラダが捻れて辛い状態のため、右足を上にして足を組むと、捻れが解消されて下半身(骨盤)も正面を向けるようになってカラダが楽になるため、「つい足を組みたくなってしまう」のです。


もし、「足を組むから骨盤がズレる」のだとしたら、上述した患者さんのお話のように右足を上にして組むことが多いのであれば、骨盤は左の方にズレていくことになるはずです。


しかし、現実はそうはなっていません(これは骨盤が右を向いている時の説明です。左を向いている時はその反対になります)。


文章だけの説明なので、わかりづらいかもしれませんが、「足を組むこと」と「骨盤がズレる」ことの関係性はおわかりいただけたでしょうか?


骨盤がズレるのは「首がズレ」て「背骨がズレ」て「骨盤がズレる」というケースが大半なので、骨盤がズレないように定期的に骨格のケアをしていきましょう。


頸椎ズレると





コメントを残す