腰部脊柱管狭窄症の原因は「首のズレから来る体の捻れ」

腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方はたくさんいらっしゃいますが、どうして狭窄症になってしまうのか、その原因はあまりよくわかっていません。

 

 

私の経験上ですが、脊柱管狭窄症の方は「首がズレて」います。

 

 

そしてその首のズレの影響で上半身(胸椎)と下半身(腰椎)に、雑巾絞りのような「捻れ」が生じ(ズレも生じます)、その「捻れ」が脊柱管を圧迫してしまうため、狭窄が生じると考えています。

 

 

ポイントは「上半身と下半身の捻れ」です。

 

 

つまり、例えば上半身は左に、下半身は右に、というようにそれぞれが逆方向に体が捻れてしまっている、ということです。

 

 

仰向けになって寝ていただくと、その状況がわかりやすいです。

 

 

改善方法としては、首のズレ、胸椎のズレ、腰椎のズレを取って「捻れを解消する」ということになりますので、首、胸椎、腰椎の矯正がとても大事になってきます。

 

 

もちろん、一度で捻れが解消される訳ではありませんので、何度か施術していく必要はありますが、施術回数に比例して症状がよくなっていくことを経験しているため、おそらくこの理論は脊柱管狭窄症を改善する有力な理論の一つと言えるのではないかと考えております。

 

 

ただし、症状の程度にもよりますので、全てではありませんが。

 

 

症状の程度によっては手術をしないで済むケースがありますので、脊柱管狭窄症でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

 

お困りの方のお役に立てたら幸いです。

 

コメントを残す