忘年会の「飲み疲れ」を乗り切る方法

巷は忘年会シーズン真っ盛り。毎晩飲み会続き
の方も多いのではないでしょうか?毎日毎晩飲
んでいると、肝臓も疲れてきます。「飲み疲
れ」もしてしまいますよね・・・


そこで、この忘年会シーズンを乗り切るための
方法をいくつかご紹介したいと思います。以前
にもお伝えしたことのある内容も含まれていま
すので、復習と思ってお読みください。



1.タウリンが多い貝類やタコ、イカを食べましょう!

お酒のおつまみには「タウリン」が多く含まれ
ている、タコ、イカ、サザエ、カキ、ホタテな
どの貝類を食べましょう。「タウリン◯◯mg配
合!」といったキャッチフレーズでおなじみの
タウリンには「肝臓を助ける作用がある」こと
が知られています。具体的には肝臓の細胞を再
生するのを助けたり、機能が低下した肝臓を元
に戻したりする作用が確認されています。


下記に可食部(食べられるところ)100g中に
含まれるタウリンの含有量を示します。

(可食部100g中のタウリン含有量)
サザエ 1535mg
(大サイズ約1.5個分、内蔵付き)
カキ 1180mg
(大サイズ約5個分)
ホタテ 1000mg
(大サイズ約1個分、ひも付き)
タコ 870mg
(刺身パック約1.5パック分)
イカ 770mg
(普通サイズ約0.5杯分)


100g中ではサザエが一番タウリンの含有量が多
いですが、実際食べる現実的な量として考える
と、サザエとホタテがタウリンの補給源として
優秀な食材といえます。しかし、日常生活的に
食べるとなると、サザエよりもホタテの方が簡
単に入手できますので、そういう意味ではホタ
テが一番入手しやすくタウリンも摂取できる食
材といえます。


こうした食材をお酒のおつまみにすると、悪酔
いしにくかったり、二日酔いになりにくくなり
ますし、飲み疲れもしにくくなります。健康の
秘訣はやはり「食事」ですね。食事をきちんと
取ることが基本です。


2.ヘパリーゼドリンクがオススメです!

そうは言ってもなかなか食べ物だけでは、この
忘年会シーズンの飲み疲れは解消されないと思
います。そこでオススメなのが「新ヘパリー
ゼ」のドリンクタイプです。肝臓分解物や医薬
品としても使われている「ジクロロ酢酸ジイソ
プロピルアミン」という成分、錠剤にはない
「タウリン」が含まれています。
IMG_0513


「ウコ◯の力」や「ノ・ミカ◯」といったドリ
ンクよりも「二日酔いしにくい」、「飲んだ翌
日の寝不足感がない」といった効果があるの
で、これを飲んだ翌日はかなり楽になります。
あくまでも個人的な感想ですが。


また、これはある先輩から教えていただいたの
ですが、コンビニでしか売られていない「ヘ
パリーゼW Hyper」というドリンクもオスス
メです。なんと、「ウコ◯の力SUPER」(40mg)
よりも有効成分クルクミンの含有量が多い優れ
ものです(45mg)。ただし、医薬品ではないの
で「新へパリーゼドリンク」とは中身は全く
違いますのでご注意を。
IMG_0515


これらのドリンクは、飲んだ翌日でも効果が
あることを、人体実験(私)で証明済みです
(笑)。
*ただし、効果には個人差があります。


3.寝る前にOS-1を飲む!

二日酔いの原因の一つは、アルコールによる
脱水症状です。そのため、お酒を飲んだら水
分補給をして、脱水症状を起こさせないよう
にするのが二日酔い予防の鉄則です。


その際は、水分吸収の速いスポーツドリンク
がオススメですが、さらに効果的なのが以前
もご紹介したことのある「OS-1」です。
写真-9


これは「飲む点滴」とも言われるくらい、水
分吸収速度が速いです。本来は熱中症や熱、
嘔吐、下痢の時の水分補給に用いられるので
すが、お酒を飲んだ後の脱水症状にも有効です。


OS-1が手に入らない場合はスポーツドリンク
で代用していただいても結構です。できれば、
お酒を飲んでいる最中から水分補給をしていた
だいた方がいいのですが、少なくとも寝る前に
は必ず水分補給をしましょう。


飲む前に「ヘパリーゼドリンク」を飲み、酒
の肴にはホタテを中心とした貝類、タコ、イ
カを選んで、寝る前にOS-1で水分補給をして、
忘年会シーズンを楽しく乗り切りましょう!


ただし!飲み過ぎれば二日酔いにもなれば、
飲み疲れもするのも当然です。何事にも「適
量」というものがあります。


「酒は飲んでも飲まれるな」。お酒は楽しく
飲みましょう!


と、自分に言い聞かせてます(笑)。

コメントを残す