医薬品のネット販売と薬剤師

この前、電車の中吊り広告に「WEDGE」という
雑誌の広告が出ていたのですが、その中で気に
なる記事が書かれていました。


それは「医薬品ネット販売99%超えのまや
かし〜存在価値問われる薬剤師 すがる「参
入規制」〜
」という記事です。


記事を見ていないので詳細はわかりませんが、
ネットでの医薬品販売で薬剤師の存在価値が
低くなり、薬剤師不要論が起こるのを恐れて
ネット販売を阻止しようとしている・・・と
いった内容ではないか?と推測します。


ネット販売のメリット、デメリット

この問題は難しいですね。利便性だけを考え
れば絶対にあった方がいいと思います。一方
で、利用者が薬剤師から適切な情報を得るこ
とができず、症状にミスマッチの薬を選択し
てしまうというデメリットもあります。また、
薬剤師の立場からすると自由に買えることで
起こるリスクも心配です。それは薬剤師の存
在価値が薄れるという類いのものではなく、
薬を知っているからこその不安材料です。


楽天の方々は、これまで問題が起こったこと
はないし、購入履歴が必ず出るのでチェック
しやすいし、一定期間同じ薬を買えないよう
なシステムにすれば問題ない、ということを
お話しされています。たしかに、そういう意
味ではネットで購入する方が安全な部分もあ
ると思います。


でも、何でもかんでも・・・というのは薬の
怖さも知っている立場からすると、やっぱり
全面的にオープンということには双手を挙げ
て賛成とはいかないです。少なくとも第一類
医薬品という規制の厳しい医薬品に関しては
何らかの制約があった方が安心できますね。
それと、オンラインで薬剤師に相談できるよ
うなシステムがあると、自分に最適な薬を選
択することができますので、症状にミスマッ
チな薬を選ぶ過ちを防ぐことができると思い
ます。


ただ、これも時代の流れ。離島や外出できな
い方などのために、ネット販売を解禁するこ
とはとてもメリットがあることだと思います。
それに関しては賛成の意見です。一方、ドラッ
グストアや薬局では薬剤師にわからないこと
をすぐに聞け、自分に適切な薬を手に入れる
ことができるメリットがあります。


どちらを選ぶかは個人の責任、と言っては
少々アメリカナイズな意見でしょうか。


薬剤師の仕事内容を知っていただくことが必要

薬剤師の職能を奪われる・・・という点に
関しては、これは薬剤師がもっと頑張るべ
きです。本当に必要とされているのなら、
そんな議論すらされないはずですから。
また、あまり薬剤師の仕事内容を理解され
ていないということも現実にあると思いま
す。でも、それも薬剤師の使命。もっと世
間の皆様に「薬剤師ってこんな意味のある
仕事をしているんですよ」ということを理
解していただく必要性があります。


病院の地下や調剤薬局でただ薬を取って
渡しているだけではありません。そこに
はものすごい知識や技術が隠されていま
す。でも、それはなかなか表には出にく
いものでもあります。そしてまた、薬剤
師の仕事はただ単にお薬を渡すだけでは
ありません。


世間的には「楽でお金もよくていい仕事」
と思われていると思います。そう思われ
ても仕方ない部分もあります。でもそれ
は違うと反論したい気持ちもあります。そ
のためには、もっともっと薬剤師の仕事
内容を知っていただく努力が必要ですね。


いずれにしても、ネット販売される際には
誰もが安心して問題なく購入できるような
仕組みづくりとともに、利用者自身がネッ
ト販売のメリット、デメリットを十分理解
して、リアル店舗との使い分けをしていく
判断も同時に求められるのではないか?と
いうのが私の今の意見です。


皆さんにとって利用しやすいシステムにな
ることを切に願っています。

コメントを残す