冬場はどれくらい水分を摂ればいい?

以前にも一日に摂る水分量の目安に関して記事
を書きましたが、それは冬場と同じでいいので
しょうか?


冬場は夏場に比べると、発汗量が約1/4から
1/3くらいにまで減ります。その分、逆に尿
量を2倍から3倍に増やし、体内の水分量を
調節しています。そのため、夏場と同じ水分
量を摂ると、尿量もさらに多くなり、トイレ
に行く回数も増え、腎臓にも負担がかかりま
す。


まあ、夏場に比べると喉の乾きを感じること
も少ないため、必然的に水分量は減りますが。


「体重×0.021」が冬場の水分摂取量の目安

大まかな計算ではありますが、夏場に摂る水
分量と比べると、大体その60%くらいがちょう
どいいくらいの量になります。となると、私
が提唱している夏場の水分摂取量の計算式、
「体重×0.035」も60%になるので、
「体重×0.021」が冬場に摂取する水分量の目
安となります。


なので、体重が50kgの方でしたら1.05リッ
トル、体重が60kgの方でしたら1.26リット
ルくらいが冬場の適切な水分摂取量となります。


「0.021」という数字が覚えにくければ、概算
で「0.02」と覚えていただいても結構です。


水分を摂る上での注意事項

ただし、以前にも書いたようにカフェインが
入っている緑茶、コーヒー、紅茶などの飲料
やジュース、お酒は除きます。これらは飲ん
ではいけない、ということではなく、水分量
にはカウントしない、ということです。


水はもちろんのこと、ノンカフェインの十六
茶などの健康茶、玄米茶、麦茶、ルイボス
ティー、ハーブティー、ローカフェインのほ
うじ茶などがオススメです。


また、身体を冷やさないためにも、必ず温か
い状態で飲むようにして、冷たい状態では飲
まないようにしましょう。常温でも、この寒
い時期だと冷たい温度になりますので、今の
季節は常温も避けましょう。


水を飲む時も白湯にして飲むといいです。特
に胃が疲れている時は、白湯がとても優しく
感じられます。


水分はお肌の潤いを保つのにも必要ですし、老
廃物を流すのにも必要です。また、ある程度の
水分を摂らないと便も柔らかくならないため、
便秘にもなってしまいます。筋肉も硬くなるの
で足がつりやすくなりますし。


そのため、冬場と言えども水分補給は必要です。
ご自分の体重に「0.021」という数字をかけた
値を目安に一日の水分を摂るようにしてみま
しょう。

コメントを残す