ワクチンは果たしていいのか、悪いのか

昨日、うちの子どもがおたふくになりました。
と言っても、「疑い」なのですが。


昨日の朝、ほっぺたを触ったら「痛い!」と
言われ、「それほど強く触ってないのにな?」
と不思議に思ったところ、耳の下辺りのところ
を触って、「ここが痛い」というのです。たし
かに触ると腫れていて、「もしかしたら・・」
と病院に連れて行きました。


先生も「おたふくの可能性はあるけど、おたふ
くと診断するにはもう少し詳しく血液検査など
をしなくてはいけない。でも、それも一回、二
回でわかるわけではないから、あまり意味がな
いし、お金もかかるから様子を見てください。」
と言われました。


息子は1歳半くらいの時にワクチン接種をして
いるので、その抗体があるためか、熱も出ず、
腫れもそこまでひどくはありません。そのた
め、身体の中でくすぶっている感じがします。


インフルエンザを含め、ワクチンを打てば感染
しないワケではありません。感染した時に重症
化しない、ということは言えます。そのため、
脳症などの重篤な症状に移行することを抑える
ことができます。


一方で、ワクチンを打たず、細菌やウイルスに
感染させてもいいから、自分で免疫を高めた方
がいい、という考えでワクチン接種をしない親
御さんもいらっしゃいます。


今回の息子を見ていると、ワクチンのおかげで
症状がひどくなっていないものの、中途半端な
状態なので、症状が出るなら出させた方がいい
のではないか?とも思います。


ワクチンを打った方がいいのか、打たない方が
いいのか、どちらがいいのかわかりません。


インフルエンザワクチンでも議論が渦巻きます
が、それぞれのご家庭の判断次第、ということ
ですね。ただ、子どもは自分の意志で選択でき
ないケースがほとんどですから、その判断を誤
らないようにしたいものです。

コメントを残す