スマホ首、ゲーム首にご注意を!

先日、小学校4年生くらいの男の子がゲームに夢中になり、真下を見るように首を折り曲げてゲームをしている光景を見ました。




いかにも「ああ、首を痛めるだろうな・・・」という姿勢でしたが、案の定、しばらくすると首をぐるり、ぐるりと回して自然と体操をし出しました。


間違いなく、首に痛みか、違和感を感じている証拠です。


「こんな小さい時から首を痛めていたら、将来どうなってしまうのだろう・・・」と、自分の子供でもないのにとても心配になりました。


間違いなく、ストレートネックになりますので・・・。


かく言う我が子も同じように悪い姿勢でゲームをしたりすることがあり、その度に注意をしています。


以前は先の男の子と同じように、首をぐるり、ぐるりと回すのをよくやっており(正直、見てて気持ち悪かったです)、「あ、首が悪いな」と思って、それに対してはすぐに首の矯正を行い、大事に至らないようにしていました。


その効果か、最近はめっきり首をぐるりとやる仕草は少なくなりました。


ゲームだけでなく、同様にスマホの操作でも下を思いっきり向いて、首が直角になるくらい曲げて操作している人を電車などでよく見かけますが、きっとこの方達も首や肩、そして腰に痛みなり違和感を感じているのではないかと思います。




特に若いうちはまだ成長過程で関節が柔らかいため、ある程度の年齢の方よりは影響は少ないですが、チリも積もれば山になりますので、そのうちひどいストレートネックによる首コリと肩コリ、頭痛などに悩まされると思います。


それを回避するには、スマホやゲームはやならいことが一番ですが、それはあまりにも現実的ではありませんので、せめて画面を見るときは、自分の目線の位置にまで画面を持って行き、操作することです。


私はいつも電車の中でも家でもそのようにしています。


自分の身は自分で守るしかありませんので、そのような対策をしていただけたらと思います。