肩(腕)の痛みと首のズレはリンクしています

肩(腕)を挙げるのが痛い、腕が挙がりにくい、などの症状でお困りの方は多いと思います。

 

実際に当院にもそのような症状の方が多くみられます。

 

症状にもよりますので一概に言えませんが、多くの場合、首のズレによって肩関節の中を通る神経が圧迫されることが原因となっており、それによってその神経が支配する領域の筋肉が硬くなり、「痛みが出る」、「可動範囲が狭くなる」、「挙がりにくい」などの症状が出てしまうことが考えられます。



*黄色で示されているのが神経です

 


*黄色で示されているのが神経です

 

上の図をご覧いただくとおわかりいただけると思いますが、黄色で示されている神経は首から出て肩を通り、腕へ、さらに肘を通って指先へと繋がっています。

 

そのため、首にズレが生じ、これらの神経が圧迫されてしまうと、痛みや可動範囲の狭さ、挙がりにくさだけでなく、「痺れ」も生じてしまう原因にも繋がります。

 

具体的な施術方法といたしましては、原因になっていると思われる首のズレを取り、硬くなってしまっている筋肉類(腕や大胸筋という胸の筋肉、肩甲骨側の筋肉など)や肩関節、靭帯を緩めて、肩関節を動かして「どこの動きが悪いのか?」を確認しながら可動範囲を広げていく、というものになります。

 

当院では、まず首のズレから先に矯正していきますが、なぜそうするかと申しますと、先にズレを取った方が筋肉が緩みやすくなるからです。




首のズレによって神経が圧迫されて筋肉が硬くなる、という流れですので、まず先に首のズレを取って筋肉が緩みやすい状況を作ってあげると、痛みや稼働範囲の狭さを効率的に改善しやすくなります。

 

「どのくらいで治るのか?」というのが皆様が最も気になる点だと思いますが、こればかりは「何が原因で起きたのか?」ということや「どのくらいの年月が経っているのか?」などによっても違いますので一概には言えませんが、一度の施術で何らかの効果を体感していただけるようであれば、施術後の状態によってどのくらいの期間が必要か、ある程度のめどはお伝えできるのではないかと思います。

 

肩(腕)の痛みや挙がりにくさなどでお困りの方は、ぜひお気軽に一度ご相談ください。