施術後の効果は数日経ってから感じることがあります

以前にも何人かの方に言われましたが、先日来られた方にも言われたことがあります。


それは「施術後数日経ってから効果を感じることがある」ということです。


先日来られた方は普段マラソンをしている方なのですが、「施術直後にも効果を感じるが、施術してから4日ほど経った時が一番いい」そうです。




そのため、大会があったりする時は、施術を受けてから4日目に大会となるように、その大会から逆算してご予約を入れてくださいます。


人にもよるので必ずしもそうとは限りませんが、そのような感想をおっしゃる方は何名かいらっしゃいます。


おそらく骨格を整え、血液や神経の流れがよくなることで、体の状態が変化してくるのに数日要するのだと思いますが、それを実感しやすいのが施術3日、4日後なのだと思います。


また、「施術直後はスッキリするけど、施術を受けた翌日は揉み返しみたいになって、でもそれが取れるとさらにすごくスッキリする」という感想をおっしゃる方もいらっしゃいます。


「体が馴染む」というような感じでしょうか。


人それぞれ施術を受けた後の体感は異なりますが、このように施術を受けて数日経ってからより効果を感じる方もいらっしゃいます。


皆様はどのような感想をお持ちになるでしょうか?


このブログで、施術を受ける前の不安が少しでも取り除くことができたら幸いです。



夏季休暇のお知らせ

いつも当院をご利用いただき誠にありがとうございます。


誠に勝手ながら、下記の期間は夏季休暇とさせていただきます。

8月9日(水)〜8月12日(土)


休み期間中はご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


よろしくお願いいたします。

肩コリ解消ストレッチ

以前にもブログでご紹介いたしましたが、肩コリに効果的なストレッチ法を改めてご紹介いたします。


やり方は単純です。


①フェイスタオルの両端を持って、グーッと胸を大きく開き、そのまま腕を後ろに引っ張って戻す、というのを10〜20回ほど繰り返します。



②同様の持ち方で、今度は軽く肘を曲げ、その肘を下に動かすと肩甲骨が動きますので、その動作を10〜20回ほど繰り返します。



タオルよりもチューブを使用した方が伸縮性があるのでやりやすいかもしれません。



③肩に指先を当て、その状態で肩を後ろに大きくゆっくりと20〜30回ほど動かします。


タオルやチューブを使ってのストレッチはなかなか仕事場ではできませんよね?


そのような時はこのやり方が効果的です。


通常、「肩を回す」というと肩に指先を当てずに回す方が多いと思います。


でも、実は、それは「肩を回す」のではなく、「腕を回す」という動作になってしまっているので、あまり意味がないやり方になります。


ポイントは「肩甲骨を動かす」ということですので、肩甲骨を動かすように意識してやってみてください。


後ろ回しをやったら今度は前回しも同様の回数やりましょう。


④肩をグーッと上げてストンと落とすのを10〜20回ほどやります。



首をすぼめるような姿勢ではなく、胸を張ってやや肩甲骨を内側に寄せるようにした状態で肩をグーッと上げ、その後勢いよくストンと落とします。


これも「肩甲骨を動かす」ということを意識してやってみてください。


⑤腕を水平に上げた状態で肘を直角に曲げ、曲げた肘で小さな円を描くように20〜30回ほど動かします。


慣れないとちょっと難しいかもしれませんが、肘で円を描くようにすると肩甲骨が動いているのが実感できると思います。


肩甲骨が動いているのが実感できたら今度は肩甲骨にだけ意識を持っていくと、より効果的です。


③と同様に、後ろ回しでやったら前回しでも同様の回数行ってみてください。


以上、5つのやり方をご紹介させていただきましたが、「その全てをやれ」ということではありません。


皆さまにとってどれかやりやすかったり、効果を感じるやり方があると思いますので、その中からピックアップしてやっていただいても構いません。


このストレッチをやった後、肩甲骨や肩周りにホカホカと温かくなるような感覚がありましたら、それはそれだけ「凝り固まっていた」ということになります。


また、翌日「あれ?なんか肩周りが筋肉痛みたいだな・・・」という感覚がありましたら、それは「よっぽど」凝り固まっている証拠です。


このストレッチだけで全ての肩コリが改善する訳ではありませんが、とても効果はあると思いますので、ぜひお試しください。