「勤労感謝の日」の意味、間違ってました・・・

今日は勤労感謝の日ですね。


私はこれまでずっと、と言いますか正確にはつい昨日まで、勤労感謝の日は「働いている人に感謝する日」だとばかり思ってました。


しかし、違ったんですね・・・。


勤労感謝の日は「働くことができることに対して感謝する日」だったんです。


「働かせられている」のではなく、「働かせもらっている」。


そういうことに感謝する日だったんです。


知らなかったです・・・。


お恥ずかしいです・・・。


考えてみたら、「働かせてもらっている」からこそ、ご飯が食べられて、雨風をしのげる生活が送れ、余暇も楽しむことができるわけです。


世の中を見渡してみたら、「働きたいけど働けない」という方々も多いと思います。


ついつい忘れてしまいがちですが、働けることはとてもありがたいことですよね。


たまたま乗ったエレベーターの中にある液晶画面に書いてあったんですが(最近はこういうエレベーター多くなってきました)、何だか、とても大事なことに気づかせてもらった感じです。


これは偶然なのか、それとも必然なのか・・・。


「働けることに感謝」して、今日も一日、そしてこれからの人生を生きていきたいと思います。


そう思ったら、何だかこれまでとは景色が違って見える気が・・・。


単純ですね(笑)。


皆さんもそんな気持ちになってみると、仕事に対してこれまでとは少し違った気持ちになれるかもしれませんね。



脚のケアもきちんとやります!

当院では、皆様の症状に合わせて施術していくスタイルですので、大げさに言えば、お一人お一人施術する内容は異なります。


当院のメニューにも記載させていただいておりますが、例えば、頭痛でお悩みの方の場合は、首、頭部を中心にやりますし、腕がだるかったり、痛かったりする方は腕を中心にやっていきます。


先日来られた患者さんから言われたことで、「ハッ!」としたことがございましたので、皆様の中にももしかしたらそう思っていらっしゃる方がいるのではないかと思い、ブログにてお知らせさせていただくことにしました。


その方に言われたのは「脚の方もしっかりやっていただけるんですね!」という一言でした。


と言うのも、ホームページのメニューには先ほどの例にも出しました「頭痛」や「腕」、他にも「目疲れ」といったものをピックアップして表示しておりますが、「脚」については何も触れておりませんでした。


そのため、「脚はきちんとやってもらえない」というような誤った認識を与えてしまっておりました。


そこで、皆様に訂正させていただきます。


脚のケアもしっかりやっております!

9ceaa2ee9675c77aa8e79f4f09be9d96_s
*こちらはあくまでもイメージです。実際は長ズボンを履いていただいている状態で施術します


もちろん、その方その方で辛い箇所が違いますし、自覚がなくても「脚が張っている」という方もいらっしゃいますので、時間配分は私のさじ加減ではありますが、「今日はむくみがひどいので脚もやってほしい」というような要望がありましたら、通常割く時間よりも長くケアするといった調整はさせていただいております。


そのようなご希望がございましたら、何なりとお申し付けください。





鼻うがい、はじめませんか?

昨シーズンから風邪を引かないようにと、写真のようなポンプ式鼻うがい器を使用して、頻繁に「鼻うがい」を行っています。


IMG_1737


使い方は極めて簡単です。


適度の塩水(できれば少しぬるめの方が鼻への刺激がなくていいです)を作り、ノズルの先を片方の鼻に入れ、それを押さえながらポンプで塩水を送るだけなので、非常に楽ですし、かなり奥まで注入できます。


ポンプの強さを調整しないと、鼻の奥が痛くなったりするので注意が必要ですが、特別難しいことは何一つありません。


喉のうがいだけでなく、鼻のうがいをすることで感染を予防できますし、何よりスッキリします(鼻うがいの後に鼻をかむと、鼻の奥の方のゴミが取れる感じです)。


ただ、一つ難点なのは、鼻うがいをした後、鼻をかむのですが、しばらく経っても先ほど入れた塩水が体温で温まるからか、鼻水のようにダラ〜っと垂れてきてしまうことです・・・。


今年は昨年よりもインフルエンザが流行しそうです。


皆さんもぜひ「鼻うがい」を試してみてください。