「目にいい」サプリメント入荷しました

先日から大変ご好評いただいている目にいいサプリメントですが、ようやく入荷いたしました。


*眼精疲労に効果が高いアントシアニンを多く含む「ビルベリー1000」
*マリーゴールドの花部に含まれ、視力を司る働きをする「ルテイン」

IMG_1749


フィンランドに自生するブルーベリーの北限種である「ビルベリー」には、アントシアニンという目にいい成分が多く含まれています。

billberry-ha01-1


目にいいことで知られているブルーベリーもアントシアニンを含んでいますが、ビルベリーは果皮だけでなく果肉全体にアントシアニンが含まれているため、ブルーベリーよりもアントシアニンの種類が豊富でかつ量も多く含まれていることが知られています(アントシアニンは一種類ではなく、実は何種類も種類があるんです)。


北欧特有の現象である「白夜」による紫外線から身を守るために、ブルーベリーよりも他種のアントシアニンが多く含まれていると考えられています。


「ビルベリー1000」には、このビルベリー抽出物が4倍濃縮されたものが1カプセルに配合されているため、1カプセルでビルベリー果汁を1000mg相当摂取することができる優れものです。


アントシアニンはなぜ目にいいのか?

まずは、目はどうやって「見える」のでしょうか?

1.目に入ってきた光が網膜に当たります。

2.そうすると、網膜にある「ロドプシン」という「紫色」の物質がその光の情報を受け取り、活性化されます。

3.光の情報を受け取ったロドプシンは、分解されて、その「分解された」という情報が脳へ伝達されます。

4.脳へ情報が伝わると、「目が見える」と感じることができるようになります。

5.その後、分解されたロドプシンは、再合成され元の状態に戻り、次に来る新たな光の情報を受け取ることができるようになります。

6.ここで、ロドプシンの再合成が遅れると、目がショボショボしたり、ピントが合わなくてぼやけたりします。

7.アントシアニンはこの「ロドプシンの再合成を助ける」効果があるため、「アントシアニンを多く含む商品が目にいい」と言われるのです。

anthocyanin3
(わかさ生活のHPより画像引用)


このように、アントシアニンは網膜におけるロドプシンの再合成を助け、目のピントを素早く合わせることができるため、目の疲れが和らぐのです。


ロドプシンも紫色。アントシアニンも紫色。なので、アントシアニンはロドプシンに作用できるんですね。


ルテインはなぜ目にいいのか?

もう一つの「ルテイン」は、マリーゴールドの花部などに含まれる黄色のカロテノイドと言われる物質で、目に多く存在し、視力を司るのに重要な働きをしていると考えられている成分です。

French_marigold
*ウィキペディアより引用


ルテインは目の中でも特に目の奥にあり、網膜の中心部である「黄斑部(おうはんぶ)」や「水晶体」に存在していますが、体内で合成することができないため、外から摂取しないといけません。


hakuri1_karei2


ルテインはマリーゴールド以外にも人参やほうれん草などの緑黄色野菜や果物にも含まれており、強力な抗酸化作用を示します。


パソコンやスマホなどの使用によるブルーライトによって、細胞を傷つけたり、さび付かせる「活性酸素」と呼ばれる物質が生成されてしまいますが、この活性酸素が目に発生すると、眼精疲労や眼病(例えば黄班変性症や白内障など)を引き起こす原因にもなります。


ルテインは強力な抗酸化作用を有するため、この活性酸素を除去し、目を守ってくれる、という訳です。


実際、黄斑部が障害されて見ようとするところが見えにくくなる「黄班変性症」という眼病を患った方が、ルテインを飲み始めてから数ヶ月でかなり改善された、という声を直に聞いておりますので、かなり効果はあると思われます(今回ご紹介したサプリメントではありませんが)。


黄斑部は文字通り黄色い色をしている部位。ルテインは黄色の成分。


アントシアニンの時と同じように、ルテインは黄斑部に作用できるんですね。


また、こちらのサプリメントにはルテインに加え、「ゼアキサンチン」という成分も含まれています。


ゼアキサンチンとルテインは「カロテノイド」と呼ばれるカテゴリーに属する成分で、人体の目に存在しているカロテノイドはこの2つだけとされています。


ゼアキサンチンもルテイン同様に、強力な抗酸化作用を有しているため、目を保護したり、黄班変性症や白内障にも効果を示すと言われていますので、ルテインとのダブル作用で優れた効果が期待できます。



このように、ビルベリーに含まれるアントシアニンとマリーゴールドに含まれるルテインでは、作用する場所が異なりますので、目に与える効果も自ずと異なります。


アントシアニンは「見る」という機能をサポートし、ルテインは「目を保護」したり「明るさを調節」してくれる効果に優れています。


そのため、どちらか一方よりもそれぞれを一緒に摂った方が目にはより高い効果をもたらしてくれます。


パソコン作業が多かったり、スマホをよく見てしまう方は、サプリメントで目をサポートをすることが必要かもしれませんね。


たかがサプリメント、されどサプリメント。


一度お試しください。


*ご注意*
ルテインのサプリメントの中には、天然成分由来のルテインではなく、石油系原料から合成されたルテインを使用しているものもあるようですが、ルテインを選ぶ際には必ず天然成分由来のもの(成分表示に「マリーゴールド抽出物」など記載のもの)を選ぶようにしましょう。


ルテインが属する「カロテノイド」というグループの中の一つに「βカロテン」という人参などの緑黄色野菜に含まれる成分があるのですが、このβカロテンの合成品と喫煙との組み合わせで肺がんのリスクが高まる、という研究報告があります。

合成ルテインとの直接の関係性を調べたものではありませんが、同じグループに属しますので、念のため避けたほうがよろしいかと思います。


ちなみに、こちらで販売しているルテインはマリーゴールド由来のルテインです。




首がズレる理由とは?

首がズレる理由は様々ありますが、首が大きくズレる原因としては

*交通事故に遭ったことがある
*高いところから落ちてしまったことがある
*転んだり、ぶつけたりして頭を打ったことがある
*スポーツをやって痛めたことがある

などといったことが挙げられます。


7ad51474322683a08c79405a85a1ba4e_s


こうした原因となったのが例え幼い頃のことであったとしても、「ズレている状態」は戻っていないので、ズレたままになって年齢を重ねていくわけです。


若い頃は筋肉が柔らかいので症状はあまり出てきませんが、年齢とともに筋肉から水分が抜けていくので筋肉は硬くなっていきます。


筋肉が硬くなるということは「関節も硬くなる」ということなので(関節は筋肉によって動かされますので)、年齢とともに様々な症状が出やすくなります。


ただ、これは俗に言う「加齢」や「老化」ということではなく、「ベースに筋肉や関節が硬くなりやすい要因があり、それに加齢という要素が加わる」ということですので、単なる老化とは異なります。


また、上記の原因以外にも日常生活が原因でも首はズレます。


例えば
*噛み合わせが悪い
*枕の高さが合っていない
*寝違えてしまった

などのことが原因でも首はズレてしまいます。


そのため、上述したような大きな事故やケガをした記憶がなくても、日常的にズレる要素があるということになります。


これらの理由で首がズレると背骨がズレ、さらに骨盤(腰椎)がズレる、という流れになり、全身にそれらの影響が出やすくなります。

頸椎ズレると


首は全部で7つの骨からなっていますが、一つ一つの骨が独立して動くことができる構造になっていますので、元々ズレるようになっていると言いますか、ズレてもいい構造になっています。

写真-19


つまり、一つ一つの骨が別々に動くことで衝撃を和らげることができるため、二足歩行で歩いている以上、首はどうしてもズレてしまいます。


ただ、そのズレが神経や血管を圧迫したり、噛み込んでしまったりしていなければ、大した症状は現れないので問題になりません。


それが神経や血管を圧迫したりしてしまうことが問題なのです。


そのため、ズレが大きいから悪いとか、ズレが多いからダメだとか、そういうことではなく、「そのズレがどういうズレ方をしてしまっているのか?」ということが何よりも重要となってくるのです。


一口に「ズレ」と言ってもとても奥が深く、難しいものなのです。


女性のためのハーブティー「女整茶」作りました!

当院にも生理痛、月経前症候群や更年期でお悩みの方が多くいらっしゃいますので、その方たちのサポートができるようなお茶が作れないだろうかとずっと考え、いくつか試作を繰り返し、ようやく完成しました。


その名も「女整茶(じょせいちゃ)」です。

IMG_1744


ネーミングの是非はさておき、この女整茶には女性ホルモンの働きを調整するハーブをいくつかブレンドしています。


女性ホルモンには「エストロゲン」という卵胞ホルモンと「プロゲステロン」という黄体ホルモンがありますが、更年期や月経前症候群では「エストロゲン」の作用がよく知られており、「エストロゲン」だけが注目されることがほとんどです。


しかし、実は「エストロゲン」だけでなく、「プロゲステロン」もこうした症状の発現に関わっており、特にその分泌量の差が症状の重軽に関係していることはあまり知られておりません。


また、エストロゲン様の働きをする食べ物(ザクロ、大豆など)は結構知られており、またそれらは入手しやすいものが多いのですが、プロゲステロン様の働きをする食べ物はなかなかありません。


その様な中で、今回作ったお茶にはプロゲステロン様の働きをする「チェストベリー」というハーブが含まれています。

chastetreejas50-1
*ハーブティー&アロマ専門店ユーン様より画像引用


チェストベリーは昔から女性ホルモンを調整することが知られており、ヨーロッパでは古くから更年期や月経前症候群、月経痛などに使用されているという歴史があります。


こうした背景から女整茶にはこのチェストベリーを加えました。


また、女整茶には他に、ラズベリーリーフ、ローズレッド、レッドクローバー、ジャスミンといったエストロゲンを調節するので有名なハーブをブレンドしているので、女性のお悩みを解決する手助けになるのではないかと期待しています。
*ルイボスで味の調整して、飲みやすくしてあります


実際、何人かの方に試していただいたところ、「生理痛が楽になった気がする」や「PMSによさそうな気がする」といったお声をいただいております。


男性の私にはわからないお悩みですが、少しでもお役に立てたらこれほどうれしいことはないです。


持ち運びに便利なテトラパックタイプで、30包入りで1000円(税込)となっております。


試飲もできますので「どんな味か気になる」という方はお気軽にお声がけください。