寝違えが多発しております。ご注意ください。

最近、寝違えている人が多発しております。


昨日も2名、寝違えでご来院いたしました。


OZP86_kubigaitaidesu-thumb-815xauto-16274


寝違えると首はズレます。それによって筋肉が硬直し、横を向くのが辛くなります。


以前にも書いたコチラのブログをぜひご参照ください。


朝晩の冷え込みが強くなってくるこの季節。冬の時期と同様に「首の冷え」にはくれぐれもご注意ください。

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンのサプリで首コリが改善

当院に来られている患者さんで、左右の目の見え方に差異があり、そのためか首コリや肩コリがひどく、目疲れもひどい、という方がいらっしゃいます。


この方は頚椎のズレはもちろんあるのですが、それだけでなく、やはり両目の視力の差異が影響しているように感じていました。


そこで、当院で扱っている目にいいサプリメントをモニター代わりに試していただくことにしました。

12261010_549cb59ef0583


サプリメントは「ビルベリー」という北欧で採取されるブルーベリーの一種で、1カプセルに1000mg相当のビルベリー果汁が含まれています。


billberry-ha01-1

anthocyanin0
(わかさ生活のHPより画像引用)


ビルベリーは、ブルーベリーよりも「アントシアニン」という目の働きを助ける成分の種類と量が多いことで有名で、一説によると有効成分の量が4倍も多いと言われています。


とは言え、所詮はサプリメント。私自身、「効果はどうかわからないけど・・・」と半信半疑の気持ちでしたが、「少しでも楽になっていただけるなら・・・」との思いで試していただくことにしました。


そうしたら、なんと!サプリメントを飲み始めて2日辺りくらいから目の疲れが楽になり、そのためかいつも感じている首や肩のコリも楽になった、とのことなのです!


実際に首や肩を触ると、いつもと違う感触で、「目から来ているのではないか?」という私の推測は当っていたことになりますが、まさかここまでサプリメントの効果があるとは思いませんでした。


ただし、誤解しないでいただきたいのは、「ビルベリーが肩コリにいい」ということではない、ということです。


あくまでも「目の疲れに起因した肩コリ」にはビルベリーのサプリメントが効果があるということです。


ビルベリーはなぜ目にいいのか?

まずは、目はどうやって「見える」のでしょうか?

1.目に入ってきた光が網膜に当たります。

2.そうすると、網膜にある「ロドプシン」という「紫色」の物質がその光の情報を受け取り、活性化されます。

3.光の情報を受け取ったロドプシンは、分解されて、その「分解された」という情報が脳へ伝達されます。

4.脳へ情報が伝わると、「目が見える」と感じることができるようになります。

5.その後、分解されたロドプシンは、再合成され元の状態に戻り、次に来る新たな光の情報を受け取ることができるようになります。

6.ここで、ロドプシンの再合成が遅れると、目がショボショボしたり、ピントが合わなくてぼやけたりします。

7.アントシアニンはこの「ロドプシンの再合成を助ける」効果があるため、「アントシアニンを多く含む商品をが目にいい」と言われるのです。

anthocyanin3
(わかさ生活のHPより画像引用)


このように、アントシアニンは網膜におけるロドプシンの再合成を助け、目のピントを素早く合わせることができるため、目の疲れが和らぐのです。


ビルベリーは目にいいのは、ビルベリーの中に含まれているこの「アントシアニン」という紫色の成分が多く含まれており、またその種類も多いためです。


アントシアニンは紫色をしているため、紫色をしている食べ物(ブルーベリー類はもちろん、ブドウ、ナス、カシスなど)にも多く含まれています(食べ物によってその量や種類が異なります)。


ちなみに、「カシスも目にいい」ことで有名ですが、カシスとビルベリーではその成り立ちも、含まれるアントシアニンの種類も異なります(カシスは「ユキノシタ科スグリ属」、ビルベリーは「ツツジ科スノキ属」)。


DSC_9897
(わかさ生活のHPより画像引用)


ビルベリーやブルーベリーのアントシアニンは「網膜」に働くのに対し、カシスのアントシアニンは「毛様体」という目のまた別の部位に働くと言われています。


いずれにしても、アントシアニンが目にいいのは間違いないことですので、目疲れから来る首コリや肩コリでお悩みの方はサプリメントでアントシアニンを補給するのは一手かもしれません。









ストレッチ用ポール(ミニ)の販売を始めました

ストレッチに使うポールのうち、直径10cm、長さ30cmほどの「ミニポール」の販売を始めました。


写真-14


従来の長いポールに比べると、素材が固めのため、こちらの方が治療に適しています。

写真-15


このポールで主に、背中を写真のように上から下、下から上にコロコロさせていくだけですが、かなり背中の張りが取れます。


また、もも裏やお尻にも応用できますし、ふくらはぎや脇腹にも応用できる、オススメの一本です。

写真-16

写真-18

ご購入前にお試しでやっていただき、使用感がよければご購入していただいておりますが、もうすでに残り一本となってしまいました。


次回はもう少し多めに仕入れておくようにしたいと思います。