小学生も中学生も高校生も、肩が凝ります

「小学生や中学生、高校生は肩なんて凝らないだろう」と思っていらっしゃる方は多いかもしれませんが、今、肩コリで悩む小中高生はとても多いです。


昔も肩コリで悩む小中高生はいたと思いますが、その数は昔よりも多いです。


と言っても、きちんとした統計学的データは持ち合わせておりませんが・・・。


華奢で筋力が弱い

まず、一番の原因は体格の変化です。


昔(どこを昔とするかも問題ですが)と比べると、「背は高いけど、蹴ったら折れそうなくらい華奢」なお子さんを多く目にすることはないでしょうか?


私は仕事柄なのか、とてもよく目に付きます。


こうした華奢な骨格の子どもは、筋力も弱いので、姿勢が悪くなりやすいのです。


姿勢が悪くなれば、当然肩も凝りますし、腰も痛くなります。


体格の違いは、食生活の変化や外遊びの減少ということが大きな要因だと思われます。


ゲーム、携帯、スマホのやり過ぎ

上記のような華奢で筋力が弱い子どもが、ゲーム、携帯、スマホなど、ずっと下を向いている姿勢を取っていると、姿勢もわるくなり、肩も凝るということは容易に想像できると思います。


特に、ゲームをやっている時は背中を丸めて、足を組んで縮こまった姿勢で長時間やっていることが多いと思います。

6b09dd9cbea97139424a9b9f1aac76fd_s


やってはいけない訳ではありませんが、やる時間を制限したり、姿勢に注意したりすることは躾以外の目的でも必要だと思います。


現代の子どもに肩コリが多い理由は、大まかに上記の理由です。


これに受験勉強で勉強する時間が長かったり、重い荷物を持って登校したりなどの要因が加われば、まだ発達段階にある子どもの体に影響が出ることはお分かりいただけると思います。


こうした理由が特に当てはまらないのに、肩コリがひどい、という場合は、「頚椎のズレ」が原因と考えられます。


当院にも多くのお子さんが来られますが、大抵のお子さんは上記のような理由に加えて、頚椎のズレがある場合がほとんどです。


これから先の人生の方が圧倒的に長いお子さんが、これからずっと肩コリや頭痛で悩まされるのは見るに堪えません。


もし、お困りの親御さんがいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください。


子どもは治りも早く、回復力が高いので、早めの対処が肝心です。



腕の張りでお困りではないですか?

腕の張りでお困りの方がここのところ何名か来られました。


職業柄、腕をよく使うような美容師さん、料理人さん、またゴルフなどのスポーツをされている方が、腕の張りを訴えることが多いです。


腕が張る原因にはいくつかありますが、一番はやはり「腕を使っていること」です。


筋肉は「アクチン」という筋線維と「ミオシン」という筋線維があり、このミオシンにアクチンが滑り込むようにしてスライディングすることによって「縮む」ことができます。

筋繊維のスライディング


このアクチンのスライディングを妨げるのが、筋肉を使うと産生される疲労物質の「乳酸」です。


ですので、腕の筋肉の線維に沿って(腕に限りませんが)、この乳酸を排泄させるようにケアし、腕の張り取っていきます。

乳酸取り1_5942


このケアでかなり腕の張りは変わります。


肘の痛みは実は肘関節そのものではなく、上腕と前腕の筋肉の張りから引き起こされることがほとんどです。


そのため、肘の痛みの場合には肘周りの腕の筋肉の乳酸を取ることが第一のケアとなります。


また、手首の関節がズレることでも腕は張ってしまいます。


ドアの蝶番(ちょうつがい)を頭に描いていただくと、蝶番がきちんとなっている場合はドアは自由に何の抵抗もなく開閉することができます。


しかし、蝶番がズレてしまうとドアの開閉はうまくいきません。


手首の関節はこのドアの蝶番と同じで、関節がズレてしまうと、本来の腕の筋肉とは違うところが引っ張られて「余計な張り」を生んでしまうのです。


手首の腱鞘炎は、この手首の関節のズレから来る前腕の張りが原因の一つです。


筋肉に溜まった乳酸の排泄と手首の角度のズレを戻すことで、腕の張りはかなり変わります。


もし腕の張り(肘を含みます)でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


肩コリは3種類あります

パソコン、ゲーム、スマホ・・・。これらは現代病とも言える肩コリを引き起こす原因です。


8043645a4bb319de838d80c7feee4377_s


そして肩コリに悩まされる方の多いこと。


一般的に肩コリというと「マッサージ」や「温泉」というキーワードが出てきそうですが、実は肩コリは3種類に分けられます。


1.血行不良によるコリ

まず一つ目は、冒頭で挙げたパソコン、ゲーム、スマホなどの電子機器を使う時の姿勢の悪さや長時間同じ姿勢でいることで起きてしまう「血行不良によるコリ」です。


ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_s


これは皆さんがイメージする「マッサージ」や「温泉」など、血行を促進する行為によって緩和されます。


ただ、このタイプの場合は特に「姿勢の悪さ」や「長時間の同じ姿勢」が原因で引き起こされてしまうので、これらを改善していかないと結局イタチごっこになってしまいます。


2.神経的なコリ

2つ目は、あまり聞きなれないと思いますが、「神経的なコリ」です。


これは頚椎がズレて神経を圧迫することによって起きてくるコリなので、揉んだり温めたりしてもなかなか取れません。


頚椎がズレると


ズレを取らないとコリは取れません。逆に言えば、ズレを取ればコリは取れます。


通常の血行不良によるコリとこの神経的なコリとでは、「コリの質」が違いますので、触ればその違いはすぐにわかります。


特徴的なのは、左右どちらかが異常に凝っていることです。


通常、血行不良によるコリの場合は左右どちらも同じくらい凝っているのですが、神経的なコリの場合は原因が頚椎のズレによるものなので、どちらかが異常に硬いという現象が起きてきます。


また、「凝っている」という感覚よりも「肩が痛い」という感覚の方が強いかもしれません。それが「コリ」なのだと思って「肩コリ」と表現している方も少なくありません。


ただ、実は、このことは多くの治療家にも知られていないため、固まったコリを取ろうと躍起になって、肩を力ずくで施術されてしまうため、翌日の揉み返しがひどく、逆に悪くなってしまうことがあります。


ズレが取れれば筋肉は自然と緩んでくれるので、あまり力を入れなくても筋肉は緩みます。



3.混合タイプのコリ

3つ目は、上記1と2の混合タイプのコリです。


ほとんどの方がこのタイプと言ってもいいくらい、このタイプの方は多いです。


その理由の一つは元々首に何らかの問題を抱えていて(気付いている、いないに関わらず)、それに加えてデスクワークや移動中でも手離さないスマホ類の操作の姿勢不良によって血行不良に拍車がかかり、凝り固まってしまう、というのが大体のパターンです。


この場合も上記1の「血行不良によるコリ」と同じように、頚椎の矯正でズレを取るだけでなく、普段の姿勢や生活習慣を見直すことを並行してやっていかないと、なかなか改善されません。


頚椎のズレによって起きる肩コリの場合は、ズレを取ると筋肉は緩みますが、それでもコリがまだ残るケースが多いです。


その場合は、頚椎のズレを取るのに加えて、硬くなった筋肉を同時に緩めていくとさらに楽になります。


施術イメージアップ_5939


皆さんの肩コリはどのようなタイプでしょうか?


肩コリでお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。