最近、足がつる人が多いです

ここのところ、しびれでお悩みの方も多いのですが、「足がつる」のでお悩みの方も多いです。


足がつる主な要因は
・水分不足
・ミネラル不足
・冷え

といったことがよく知られていますが、「腰の詰まり、張り」によって足がつる(特にふくらはぎ)ということはあまり知られていません。


実際のところ、足がつる人で腰が張っていない人はほとんどいないと言ってもいいくらい、ものすごく密接な関係があります。


と言うのも、腰からは足を支配する神経が出ているので、その腰が詰まったり、張ったりして神経や血管を圧迫してしまうと、足に栄養や酸素が行きにくくなり、その影響で筋肉が硬くなってつりやすくなってしまうのです。

名称未設定
*右足をご覧いただいて、黄色が神経、赤が動脈、青が静脈です(画像をクリックすると大きくなります)


また、「足がつる」というのは一種の「肉離れ」に似たような状況なので、つった場所をきちんとケアしないと、また同じところをつってしまいます。


事実、足がつった場所を触ると、その部分は硬くなっています。


首をきちんと整え、腰の詰まり、張りを取り、つった場所の筋肉を筋線維に沿って緩めていく、ということが足のつりを再発させないケア方法になります。


その上で、水分、ミネラルの十分な摂取と、足を冷やさないようにして寝る、ということも併せて行うとよりよいです。


なお、足の裏がつる、いわゆる「こむら返り」は足裏が硬くなっていると起きやすくなります。


ハイヒールをよく履く方や足裏が硬い方は、少し力を入れた時につりやすくなりますので、日頃から足裏をゴルフボールなどで柔らかくしてあげるといいですね。

写真-63


これからの季節、夜かけている冷房によっても足がつりやすくなりますので、くれぐれもご注意ください。