「吐き出す」ことは大事です

この前のブログでも呼吸法について触れましたが、呼吸だけでなく、「吐き出すこと」ってすごく大事ですね。


実は、私の子供が今年小学校に入学したばかりなのですが、入学式の数日後(おそらく授業が始まってから)から極度の「登校渋り」に陥ってしまったのです。


理由を聞いても、うまく伝えられないからなのか、言いたくないからなのか、明確な理由がわからず、「いじめにあっているんじゃないか?」とか「友達とうまくいってないんじゃないか?」とか色々と心配しましたが、どうやら担任の先生が原因のようだ、ということだわかってきました。


実際に、「今それをこのタイミングで子供に言うか?」みたいなことがあり、「原因は担任の先生か!」と、その先生がダメな理由を探したりもしました。お恥ずかしい話しですが・・・


ところが、そうした話しを色々な方にお話してご相談に乗っていただいたりしているうちに、だんだんと「ああ、自分の教育の仕方が正しくなかった」と思えるようなことがいくつか頭を駆け巡り、私自身にも問題があることに気づきました。


例えば「子は親の心を実演する名優である」とか「あなたの押し付けが子供にプレッシャーを与え、いい子でいなくてはいけない気持ちと行きたくない気持ちの狭間で苦しんでいるのだから、あなた自身が変わらなくてはダメだ」など、言われてみればそうかもしれない、と思うことをいくつも指摘してくださいました。


一方で、「行きたくない、と言えるということは親と子供の関係がいい証拠。もし親に気を遣ったり、恐怖で言えなければそういうことは言わないから」とか「感受性が高いから、子供はそういう表現をするのであって、気持ちが弱いだけではない」など、自己嫌悪に陥る自分を救ってくださる言葉もいただきました。


また、「頑張って!とは言わない方がいい。なぜなら、その時点で『もうすでに頑張っている』から、『頑張って』という何気ない一言が余計に子供に追い打ちをかけることになるから。これは私の経験談」など、経験上のアドバイスもいただいたりしました。


こうした方々のおかげで、私自身はとても気持ちが軽くなり、「言ってよかった」という気持ちになれました。


子供も伝えたいけれど、うまく伝えられず、また何が原因なのか自分でもよくわかっていないと思うので、何とかそれを引き出してあげて、吐き出させてあげたいです。


私が吐き出せたように。


みなさんにも色々な悩みがあると思います。口に出すのもためらうこともあったり、かっこ悪くて言えないこともあったりすると思いますが、吐き出さないで溜め込んでいると、不思議と悪い方へ悪い方へ考えてしまいがちです。


その悩みに全然関係ない人にでもいいですし、FacebookやTwitter、こうしたブログなどで不特定多数の方に問いかけてみるのでもいいと思いますが、吐き出すことは本当に大事なことなんだと痛感しました。


吐き出すことでスッキリするだけでなく、解決のための糸口や思考の変換に繋がることもあると思います。


ぜひ、「溜め込まず」に「吐き出して」、新たな一歩を歩んでみませんか?



ジェネリック医薬品の普及率を高めれば、医療費削減できる?

今朝の読売新聞に「後発薬(ジェネリックのことです)普及 目標前倒しを」という記事が載っていました。


IMG_1224


内容は「現在の2018年度に60%の普及率」を「2017年度内に80%」に前倒しをする、というものです。


前倒しどころか、目標の上方修正です。これによって医療費の削減に繋がる、というものです。


果たしてそうでしょうか?


もちろん、ジェネリックの普及率を高めれば医薬品の負担額が減るため、医療費の削減には繋がります。


しかし、医療費削減の本質はそこにはないと私は思っています。


それよりも、受診回数を減らす努力(国民の意識)や処方する医薬品の量や種類の削減(医師の教育)ということをしていかないと、単に安価な薬を使うように国が進めるだけでは増え続ける医療費を削減することはできないと思います。


でも、後者の改善はかなりハードルが高いです。


それは、医師会が持つ「票」のために、なかなかそこまでメスを入れられないからです。


そのため、医師会よりも影響力の弱い薬剤師会をターゲットにし、着手しやすい「安価な薬の使用を推進する」方向を選択したのだというもっぱらの噂です。


そしてそこには何らかの利権が絡んでいるのではないか?とも・・・


増え続ける医療費をどうするか?は、私たち国民一人ひとりもよく考えなければなりません。今後、増税してもすぐに解消することはできないくらい、医療費は増え続けていきます。


医療費を削減するためには、受診回数を減らす国民の努力、つまり何でもかんでもすぐに医者にかかるのではなく、民間療法などをうまく活用しながら、「自分で」病気を予防したり治していく知識や術が必要だ、ということです。


何せ、受診料や薬代の7割は税金で賄われている訳ですから。


そう思うと、「中学生や高校生まで医療費がタダ」という自治体の政策も、家庭には優しい政策ですが(もちろん私個人としてもありがたいと思っています)、「タダだから何かあったらすぐに受診しよう」という意識を植え付けてしまい、結局将来の自分たちの首を絞めることになるのではないか?と懸念してしまいます。


まずは病気にならないように「予防」することが、何よりも大事なことだと私は思いますが、皆さんはどうお考えになりますか?


ヤクルトはやっぱりいいです!

皆さんは色々と乳酸菌のサプリメントやお薬を飲んだり、ヨーグルトを食べたりしていますか?


私は色々と試した結果、最近ではやっぱりヤクルトが一番いいかも?という見解に達しつつあります。

IMG_1223


お値段も上の写真の商品(ヤクルトNew)ですと、5本入りで200円くらいですので、1本あたり40円程度。これを1日1本飲んだとして、一ヶ月で30本、1200円。


これの倍の乳酸菌が入っているもの(ヤクルト400)で、1本70円ですので一ヶ月で2100円。

item_7


乳酸菌のサプリメントを買ったりするよりは、よっぽど経済的で効果もたしか。


生きたまま腸に届く「シロタ株」という乳酸菌が入っているため、おいしいからと飲みすぎるとお腹を下しますのでご注意を。


ただ、便秘の場合は「飲んですぐに効く!」とか「食べたらすぐに出る!」とかいうものはほとんどないので、やっぱり地道に腸内環境を整えていくしかないと思います。


腸内環境を整えるには、大体目安は約3ヶ月くらい。


「なかなかそこまで長く続けられない」という方も多いと思いますが、変えるのは自分です。他人が変えてくれることはありません。


やるかやらないか、続けるか続けないかは自分次第。


とりあえず、一ヶ月試してみてはいかがでしょうか?


久しぶりに飲むとおいしいですよ〜!

*私はヤクルトの回し者ではありませんので、あしからず・・・