足がつるのはなぜ?

朝晩がかなり冷え込む季節になってまいりました。寒い時期は身体も冷え、筋肉も硬直しやすくなってしまいます。


皆さん、もしくは皆さんの周りで、足がよくつる、という方はいらっしゃいますか?


足はなぜつるのでしょうか?


足がつるのは冷え、水分、ミネラルの不足から

その答えの一つは冒頭でもお話しした「冷え」です。冷えは筋肉を硬直させてしまうので、足がつりやすくなってしまうのです。


その証拠として、夜とか明け方の気温が低い時に足をつってしまう方が多いのです。


また、水分やミネラルが不足しても足はつりやすくなってしまいます。特に夏場に足がつってしまうというのはこのためです。


筋肉の水分量が少なくなると、筋肉は硬くなってしまうという性質があります。


歳を取ると関節が硬くなる人が多いですが、これは関節を動かしている筋肉の水分が少なくなると筋肉が硬くなり、それによって関節が動かしづらくなるからです。


それを予防するには、夏場であれば寝る前にコップ一杯の水を飲んだり、尿として水分を体の外に出してしまうカフェインを控えたり、小まめに水分を補給するということが大切になります。


また、カルシウムやカリウムなどのミネラルは筋肉を動かすのに大切な栄養素です。これらのミネラルの体内のバランスが悪いと、筋肉が過剰に収縮しやすくなったりするために、足がつると考えられています。


ミネラルは食事からバランスよく取れば問題ないのですが、「どういうのがバランスのいい食事なのか?」と、「栄養の知識がないと難しい」と思う方がほとんどだと思います。


そういう方は、スポーツドリンクを水で半分くらいに薄めて、それをお風呂上がりにでも一杯飲んでみてはいかがでしょうか。お風呂上がりは発汗によって水分もミネラルも失われやすいので、タイミング的にはいいと思います。


腰の詰まり、ズレから足がつる

前述したことは、色々なサイトにも書かれていますが、私が重要視しているのは「腰の詰まり」、「腰のズレ」です。


腰からは足の先まで行く神経が出ています。当然、腿の裏やふくらはぎ、足裏までその神経は通っています。


坐骨神経
*赤枠で囲われている黄色で示されているのが坐骨神経です(神経は途中で名称は変わりますが、途中で途切れる訳ではないのでここではあえて坐骨神経と称してます)


そのため、その神経がなんらかの原因で圧迫されたりしてしまうと、神経の流れがスムーズにいかなくなり、筋肉が痙攣しやすくなるので足がつるのです。


足がつりやすい人は、大体の場合、ベースとして腰が詰まっていたり、ズレていたりということがあります。そこに前述のような条件が加わるとよりつりやすくなる訳です。


腰が詰まっていたり、腰の骨のズレがあったりした場合は、矯正して神経の圧迫を解除してあげてから、足がよくつってしまう場所を緩めてあげると足がつることから解放することができます。


足がよくつる場所は、何度も肉離れしかけている場所なので、触るとすぐにわかります。


同じ場所ばかりつってしまうのは、肉離れしかけてそこが硬くなったまま、放置されっ放しだからです。


腰の詰まり、ズレを取り、硬くなった筋肉を緩める。これが足をつらせない最も有効な方法だと思っています。


足の指の関節もズレます

足の指の中でも特に親指の関節は、外反母趾であったり、骨格の歪みによる過重心による負荷であったりなどで、歩く時に足の親指に痛みを感じる方は意外にも多くいらっしゃいます。


そうした痛みの原因の一つには、足の親指の関節の「ズレ」があります。


中でも親指の第一関節は、最も負荷がかかるため、ズレやすい箇所になります。

足裏


施術の仕方としては、まず親指の関節を動かしながら、本来関節がはまっているところに戻していきます。関節が元の場所に収まると、たいていの場合、この時点で痛みはほぼ消失します。


しかし、ズレた関節のまま長時間歩いていたり、先の狭い靴を履いていたりして(これが外反母趾の原因です)、負荷が大きくかかっていたりすると、関節を支える靭帯に炎症が起きていることがあります。また、その靭帯が硬化していることもあります。


そのため、関節を戻したあと、炎症が起きている靭帯や硬化している靭帯を、ワセリンやクリームなどの摩擦を緩和する基剤を使用して緩めていきます。


もちろん、適当にやればいい訳ではなく、どこがどうなっているか、探りながら緩めていきます。靭帯も一箇所だけではありませんので。


たいていは、関節を戻した後に、このような靭帯のケアをすることで痛みが激減することが多いです。


例えば今回来られた方は、ここ数ヶ月ほど長時間歩いた時の右足親指の痛みに悩まされておりました。触ってみるとやはり親指の関節がズレていましたので、まずは関節を戻すところから始めてみました。


親指のズレを戻して段階で痛みが消失することもあるため、痛みが減ったかを親指に体重をかけながら確認していただいたところ、「まだ痛みがある」とのことでした。


そのため、上述したようにさらに炎症を起こしている靭帯をワセリンで緩めていく施術を試みました。最初はゴリゴリしていた靭帯でしたが、炎症を取り除いていくと、次第にゴリゴリ感がなくなり、触った感じがだいぶ変わりました。


そこで、再度痛みの具合を確認していただいたところ、今度は親指に体重を乗せても痛みはなくなるまでに軽減しました。


足の親指下辺りに生じる痛みの大半は、関節のズレによる靭帯の炎症です。


「もうずっと湿布をしているけど、なかなか親指のところの痛みが取れない」、「長時間歩くと親指のところが痛くて歩けない」などの痛みがある方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。



頭の「できもの」で首がズレる?

頭に「できもの」ができると首がズレると言ったら、皆さんは驚くでしょうか?


それがズレるんです。


と言っても、「できもの」が直接首の骨をズラす訳ではありません。


「できもの」ができたことが原因で、寝ている時にその「できもの」が痛くて目が覚めてしまうことがあります。そのため、寝ている時に、その「できもの」が枕やマットレスに当たらないような位置に無意識に頭をズラして対応します。


その時に、首が変な角度になってしまうと寝違えのような感じになって、首がズレてしまう、ということです。


実は、本日来られた患者さんが「頭の付け根」と「首を前に倒した時にボコッとでる骨(第一胸椎)」のところが痛い、とのことでご来院されました。




この方は何度かいらしている方なのですが、首を触るとどうもいつもと感じが違い、むくんでいるような感触でした。


ズレももちろんあるのですが、いつものズレとちょっと違う感じだったので「何か、いつもと違う感じなんですけど・・・」とお伝えしたところ、「特に変わったことはしてないんだけど」とのご返答でした。


しかし、今回来られる前からヘルペスができてしまい、それが頭にもできているらしく、「寝ていると頭のところが痛くて何度も目が覚めてしまうんです」とお話しされました。


まさに「それだ!」といつもと違う理由に合点がいき、そのことについてお話しして、ズレを戻しました。ズレを取った後に、何度か痛みを確認していただき、その感覚から残っているズレを再度取って行くということを繰り返し、ようやく痛みを取ることができました。


さらに、この方は普段あまり腰が痛くなることがないのですが、今回は確認していただく度に腰の痛みも感じていたようでした。


おそらく、いつもと違う変な首のズレから骨格が歪み、普段痛くない腰にも影響が出てしまったのだと思います。


もちろん、腰のケアもさせていただき、無事にお帰りいただきました。


頭部に「できもの」ができることはそうそう経験することではないと思いますが、首に普段と違う痛みが出ている時などは「いつもと違うズレ方」をしていますので、なるべく早めに対処した方がいいです。