「うどん」で発電?!

先日の読売新聞に大変興味深い記事が掲載さ
れておりました。それは「うどんで発電する」
という内容です。

IMG_0584


うどんで有名な香川県では、うどんのカスや
食べ残しのうどんが毎日大量に出るそうで、
その処理に多額の費用がかかっているそうで
す。


以前、高松市の産業建設機器メーカーが県か
ら「この大量の廃棄うどんからエタノールを
作れないか?」と持ちかけられ、廃棄うどん
からエタノールを作り、それをうどんをゆで
る燃料として再生利用することに成功した、
という事例がありました。


現在は、その機器メーカーがうどんを粉砕し
て水と混ぜ、メタン菌を含んだタンク内で
37度の温度で30日間くらいかけて発酵さ
せて、メタンガスを作り出し、それを燃料に
同社が開発した発電システムで電気を生み出
しているとのことです。


発電できる能力はまだあまり高くないですが、
発電した電力は四国電力に売っているそうで
す。さらに、ここがさらに特筆すべき点なの
ですが、発電する際に出たうどんのカスは、
液体の肥料にして小麦畑などで再々利用され
るということで、無駄のないリサイクルが実
現されています。


回収コストの問題などがあるものの、今後は
ラーメンなど他の麺類でも応用できるように
していくとのことです。


日本発のこの技術が世界各国に「輸出」され、
エネルギー問題を大きく解決してくれるよう
な電力源になってくれたら嬉しいですね。

再生医療に新たな画期的技術!その名も「STAP細胞」!

今朝の新聞、ネットのニュースでiPS細胞に並
ぶ、あるいはそれを凌駕するかもしれない、再
生医療に関する新たな画期的技術の記事が掲載
されました。
新型万能細胞「STAP」とは?


iPS細胞自体も、これまでの「一度、臓器など
に分化した細胞は、二度と元に戻ることはな
い」という、これまでの定説を大きく覆す革新
的な理論と技術です。京都大学の山中教授が昨
年ノーベル賞を受賞されましたので、ご存知の
方も多いと思います。


iPS細胞は皮膚細胞などの体細胞に3〜4つの
遺伝子を加えて数週間培養するだけで、細胞が
「初期化」され、胎盤以外のどんな細胞にも生
まれ変わることができることから、再生医療に
おける救世主的な細胞として世界中で人への応
用に向けて激しい競争が行われています。


ただ、人への応用にはiPS細胞が「がん化」し
てしまうというリスクに対して、まだ対応が
できておらず、がん化しないiPS細胞の作製に
世界中が躍起しているところです。


今回発表された「STAP(スタップ)細胞」とい
うのは、特殊な遺伝子を導入する訳ではなく、
酸や摩擦などの強い外的刺激を加えることで、
「どんな細胞にも分化できる能力を持った細
胞」に生まれ変わることができる細胞です。

多能性細胞

この細胞はiPS細胞と異なり、胎盤にも分化する
ことができる上に、がん化するリスクがほとん
どないということが大きな特徴です。iPS細胞
を「多能性」と表現するならば、STAP細胞は
その一段上をいく「万能性」と表現できます。
「どんな細胞にも生まれ変われる能力」とい
うことですね。


まだまだ色々な角度からの検証が必要な段階で
はありますが、今後の再生医療の発展に大きく
貢献できる研究です。


しかも、これがアメリカには遠く及ばない国家
研究費の中で、世界を大きく席巻する発見が日
本の「理化学研究所」でなされ、それを30歳
の女性プロジェクトリーダーが成し遂げたとい
うことが、日本人としてとても誇らしいです。


今後の研究成果に大きく期待したいと思いま
す。

太もも裏のストレッチ

運動をしている方や下っ腹が前に出るような姿
勢の方には、太もも裏が張っている方が多く見
られます。たいていの場合、こういう方はお尻
も張っていることが多いのですが、今回は太も
も裏がよく張る方にオススメのストレッチをご
紹介します。


体育座りのような姿勢で片膝を立て、もう片方
の足はあぐらをかくような感じにします。


この状態で片膝を立ててる足と反対の腕、つ
まりあぐらをかく足と同じ側の腕を肘から手
首までべったりと床に着けるようにします。

IMG_0463


この状態で腕に体重を乗せるように前側に倒
していくのですが、この時に膝を立てている
方のつま先を立てて、床から浮かします。

IMG_0461


そうすると太もも裏のところが伸びる感じが
すると思います。膝を立てている足の幅を変
えることによって、伸びる場所も変わってき
ますので、ご自分の一番伸ばしたいところを
探りながらストレッチしていってください。


太もも裏のストレッチというと、座って両足
を前に伸ばして、そのまま身体を倒すように
やるストレッチをされている方がほとんどだ
と思います。このストレッチでも多少は太も
も裏が伸びますが、どちらかというと膝裏が
伸びる感じになってしまいます。太もも裏だ
けを伸ばしたいのでしたら、こちらのストレ
ッチの方がオススメです。


ストレッチは鼻から息を吸い、口から「ふぅ
ー」と細く長く吐き、吐ききったところで
終了です。これを左右の足それぞれ2、3回
ほどやっていただくといいでしょう。


普段はあまりストレッチされないところがス
トレッチされるので気持ちがいいですよ。