「足を組むから骨盤がズレる」と思っていませんか?

「足を組むから骨盤がズレる」という話しをよく耳にしますが、
皆さんもそう思っていませんか?




実は、「足を組むから骨盤がズレる」のではなく、
「骨盤がズレているから足を組みたくなる」のです。




例えば、骨盤が右に傾いていたとします。
そうすると、下半身は右側にねじれている状態なので、
その状態だとカラダは辛いため、右足を上にして足を組み、
カラダがまっすぐになるように無意識のうちの補正しているのです。




この状態だと、左足を上にして足を組もうとすると、
手で「よいしょ」とやらないと足が組みづらいはずです。




それは骨盤が右に傾いているので、左足を上にして足を組むと、
さらに骨盤が右にねじれる状態になってカラダが辛いからです。




骨盤のねじれは、「首がズレて、背骨がズレて、骨盤がズレる」という
一連のズレの流れがあるため、まずは首から整えて、骨盤も整える、
というのが改善の近道です。




何度か矯正を繰り返し、骨盤がズレにくくなってくると、
足を組まなくても辛くない状態になりますよ。

改善症例 その4 「肉離れ」

性別:男性
年代:50代
主訴:右足ふくらはぎの内側が痛く、歩けない


この方は先週土曜日に来られた方ですが、当日
の朝、駅の階段の残り数段上から飛んで降りた
時に右足がつってしまい、そのままの状態で右
足から着地したため、全体重が右足にかかり、
右ふくらはぎを肉離れした様子です。


「年甲斐もなく、なぜか飛んでみたくなっ
た・・・」とのこと。


おかげで負った代償はあまりにも大きかった
ようで後悔していました。


しかも、この方のご職業は「美容師さん」。
カットしたり、パーマしたり、ブローしたり、
など、何かと立って作業することが多いため
「何とかしてほしい」との切実なるご要望
でした。


通常、筋肉は「ミオシン」という筋繊維の中
に「アクチン」という筋繊維がスライディン
グするように滑り込むことによって、筋肉が
収縮する仕組みになっています。

筋繊維のスライディング


肉離れの場合は、これらの筋繊維が「ブチッ」
と切れてしまっているので、筋繊維に炎症が
起きていることはもちろんのこと、このスラ
イディングがうまくいかず、他の筋繊維に負
荷がかかるため、収縮時に痛みが生じます。


また、筋繊維が切れているということは、当
然周りにある毛細血管も切れていますから、
内出血も生じています。


この内出血した血が筋繊維の間に入り込んで
しまうと、スライディングが滑らかにいかな
くなってしまうことも、収縮時に痛みが出や
すくなってしまう原因です。


「肉離れが治った」と思っていても、この切
れた筋繊維同士はきれいにくっつかないため、
肉離れした箇所には負荷がかかりやすく、同
じところを何度も肉離れしてしまうのです。


そこで、肉離れした箇所の筋繊維同士がまた
きれいにくっつき直すように、筋繊維に沿っ
て筋繊維一本一本がバラバラになるようなイ
メージで親指で筋肉を滑らせるストリッピン
グという手技で治療していきます。


今回のケースでは肉離れ直後でしたが、治癒
を早めるために痛いのを我慢してもらいなが
らストリッピングをしていきました。


また、階段を飛び降りる前に「右足をつった」
とのことだったので、首、背中、骨盤のズレ
も生じていると考え、これらの矯正も併せて
やりました。


「足首の捻挫はなかった」とのことでしたが、
足首の関節、膝の関節も念のためケアし、下腿
二頭筋の張り具合もチェックしながら右ふくら
はぎのケアをしました。


施術後はふくらはぎの筋肉がだいぶ揺れるよう
になり、触った感触も来られた時とは変わりま
した。


患者さんには「冷やす、温める」を交互に何度
も行うようにお伝えし、しばらくは湿布(1
日、2日は冷やす湿布、それ以降は肌色の湿布)
をするようにお話ししました。


結果は、施術直後はまだ痛みが残っていまし
たが、時間が経つにつれ、だんだんと歩ける
ようになったそうで、翌日の仕事も難なく一
日乗り越えることができたとのことでした。


安心しました。


肉離れをして3日経ち、患部の痛みは多少残っ
ているようですが、平地を歩くのは全く問題な
いところまで回復したとのことでした。


いやぁ〜、ホッとしました。よくなっていただ
いてよかったです。


こういうことがあると、「この仕事をしてよ
かったなぁ〜」と思いますね。


これからも一人でも多くの方の痛み、辛さを改
善するお手伝いができれば・・・と思っていま
す。

アトピーと食事・メンタル

先日、友人の女性から「アトピーで悩んでいる」と相談されました。


最近少しひどくなってきたようですが、
「できればステロイドは使いたくない」と。


ステロイドは使い方によっては悪い薬ではありませんが、
根本解決にはならないので、私も勧めませんでした。


以前から「アトピーとメンタル」が関係していることは
知っていましたので、おそらくそういったことが
関係しているのではないか?と思いました。


それと、大事なのは「食事」です。きっと「冷え体質」に
なっているのではないか?と思いました。


そこで、色々調べたり、自分なりに考えたチェックシートを作成し、
彼女にやってもらったところ、
「冷たいもの」、「肉」、「乳製品」、「甘いもの」
をよく取るなど、かなりの「冷え体質」になっている
様子が窺えました。


メンタル面では「不安や心配事、悩み事を抱えている」
といったところが浮かび上がりましたが、
メンタル面は思いの外、少なかった印象でした。


これを基に、私なりの考えや食事の取り方をお伝えしたところ、
彼女から「楽しみながらやってみる!」とその考えに賛同してくれましたので、
これから一歩ずつ徐々に徐々に生活スタイルを変えていければと思っています。


とはいえ、私もアトピー経験者でも専門家でもないので、
一緒に試行錯誤しながらの道のりになりますが。


症状の変化については、こちらのブログでご報告できればと
思っています。